身だしなみ

【ジェル】ショートヘアのメンズにおすすめ「イチオシ」ジェルを紹介

ピース(@Peace__Blog)です。

わたしは、ショートヘアにしてからというもの、ジェルなしでは生きていけないほどのジェル信者です。

ショートヘアデビュー間もない頃は過去の名残でワックスを使っていましたが、ジェルに切り替えてからはジェルの圧倒的なメリットを感じています。

ピース
ピース
ショートヘア歴も随分経ち、そろそろショートヘアのベテラン勢の仲間入りを果たしたのではないかと思っています。

これまで数え切れないほどのジェルを使ってきましたが、今回は最もおすすめしたい「ベスト1」を紹介したいと思います。

ミー子
ミー子
気に入ると突き詰める癖があるよね。
こんな人におすすめ
  • ショートヘアのメンズ向けおすすめジェルが知りたい
  • セット力が強くてコスパの高いジェルが知りたい
  • 短髪ビギナーなので、どんな整髪料を使っていいかわからない

そもそもジェルとは?ジェルとワックスの違い


ワックスは、油性成分のクリームタイプで、体温など熱で溶ける性質があります。
固めるタイプの整髪料ではないので、何度もスタイリングし直せますが、その分セット力は強くありません。

対して、ジェルは、水溶性成分のゼリータイプです。
髪を固定することを目的としているので、とにかく強力なセット力が特徴です。

水溶性成分の中身は、主に樹脂と水なので、髪に馴染みやすく、シャンプーでも簡単に洗い落とせます。

  • ワックスは「油性」で、動きのあるスタイリングをつくるのに適しており、ミディアムやロングヘアの人におすすめです。
  • ジェルは「水性」で、スタイリングを長時間キープできるセット力があるので、ショートヘアの人におすすめです。
ピース
ピース
ワックス、スプレー、グリースなど色々な整髪料がありますが、ショートヘアなら「ジェル一択」といえます。

ジェルの使い方


ジェルは水溶性で、伸ばしやすく髪に馴染むので、整髪料の中でも使いやすいのですが、さらに上手に使うコツがあります。

タオルドライした半渇きの髪にジェルをつける

シャンプーしたあとタオルドライのみの半渇きの髪にジェルをつけることをおすすめします。
そうすると、さらにジェルの伸びがよくなり、しっかりと髪に馴染むのでスタイリングしやすくなります。

ピース
ピース
さらに髪に適度なツヤ感もでます。

ドライヤーで乾かさずにタオルドライのみでジェルを使ってみてください。

少しだけ多めのジェルを使う

一回のスタリングで、気持ち多めのジェルを使ってみてください。

ジェルはセット力が強い分、乾いて固まるのも早いので、一度スタリングを決めた後や、スタイリング途中でジェルを追加しても再調整しにくいです。

そのため、最初から多めの量を使って一気にスタイリングしたほうがうまくいきます。

ピース
ピース
手のひらに500円玉程度のジェルを出して使ってみてください。

スタリングしたあと触らない

ジェルは乾いたあとにガッチリ固定されますが、コームや手ぐしなどをすると、一気にスタイリングが乱れます。

毛束感が失われ、ワックスのように再調整して整髪することができません。

粉ふきの原因にもなってしまうので、一度スタイリングしたあとは、触らないほうがベターです。

ショートヘアのメンズにジェルをおすすめする理由

セット力が強い

ジェル最大のメリットは、一度スタリングしたら長時間キープできる抜群のセット力です。

ショートヘアの場合、髪に動きをつける必要もないので、朝ガッチリとスタイリングして、夜まで固定できた方がいいのです。
 
しかし、ミディアムやロングヘアの場合は、髪の重みでどうしても長時間のキープが難しくなるので、再調整可能なワックスという選択になってしまいます。

髪質に関係なくスタイリングしやすい

ワックスの場合、セット力に限界があるので、髪質の硬さや、毛の生え方に影響されます。

わたしは髪の毛が固いので、ワックスを使うとスタイリングに苦戦して時間がかかってしまいます。

しかし、ジェルの場合は、問答用無用で固めて固定するので、髪質の硬さや、毛の生え方を無視してスタイリングできます。

このため、時間がない朝でもスタリング時間を時短できます。

ピース
ピース
わたしは朝のスタリングには1分もかかりません。「ショートヘア×ジェル」は最高です!
【ショートヘアのメリット10選】サラリーマンにおすすめの髪型は短髪で決まりの理由とは?ピース(@Peace__Blog)です。 サラリーマンの髪...

適度なツヤ感

ジェルは適度なツヤ感を出せます。

ツヤ感の有り無しは好みもありますが、ツヤ感があることで、大人っぽい雰囲気や、仕事のデキル感を演出できると思います。

ピース
ピース
ワックスもツヤ感がでるタイプもありますが、セット力が弱いことが多いです。

ベタつかない

ジェルはスタリングして乾いた後は、パリパリに固まり、まったくベタつきません。 

ベタつかないことで、着替えの時に洋服にスタリング剤がつきにくいことや、夜お風呂に入らずに寝ても枕を汚さないというメリットがあります。

ピース
ピース
夜付き合いで飲んで帰った後は、お風呂に入らずそのままベッドに入りたくなります。
ミー子
ミー子
汚いな!

シャンプーが楽

ワックスは油性成分なので、シャンプーをしてもすぐには落ちませんが、ジェルは水溶成分なので、シャンプーで簡単に落とすことができます。

ワックスを使っていると、何回もシャンプーしなければならないので、面倒くさいですし、髪の毛が傷む原因にもなります。
 
当時わたしは、ワックス専用のシャンプーを使っていましたが、それでも1回で完全にワックスは落としきれません。

created by Rinker
MANDOM(マンダム)
¥521
(2019/05/22 20:06:19時点 Amazon調べ-詳細)

コスパが優秀

ジェルのほうがコスパが優れているので、お財布にも優しいです。

例えば、メンズヘアスタイリング剤で人気のギャツビーの場合はこんな感じです。

  • ワックス「ムービングラバー(80g)」は参考価格933円(11,6円/g)
  • ジェル「スタイリングジェル スーパーハード(200g)」は参考価格648円(3,24円/g)
ピース
ピース
単純に比較すると、ジェルより、ワックスの方が3,5倍以上高いことになります。

ジェルを選ぶうえでのポイント

ハードタイプ

ジェル最大の魅力はセット力なので、ホールド力の強いハードタイプをおすすめします。

ソフトタイプもありますが、その場合、むしろワックスでいいんじゃないかと思います。

ピース
ピース
男は黙ってハードジェルです!

粉吹きしない

ジェルをつけたあとにスタイリングし直したりするとジェルの樹脂成分が固形化して、粉吹きの原因となります。

この粉吹きは一見、フケのようにも見え、清潔感が失われます。
絶対に粉吹きしないタイプを選びたいです。

ミー子
ミー子
粉吹いてたらキツイよね。

無香料

香りのついたジェルもありますが、基本的には無香料がおすすめです。

気に入った香りならまだいいですが、気に入らない香りの場合、最悪です。

それに香りが欲しい場合、別で気に入った香水をつければいいと思うので、ジェルに香料を求める必要はありません。 

速乾タイプ

朝はバタバタしていることも多いので、早く乾いて固定できた方が朝の準備が時短できます。

わたしの場合、朝起きて「シャワー」→「スタイリング」→「着替え」なので、ジェルが早く乾かないと着替えに移行できません。

ミー子
ミー子
それピースの場合だけじゃないの?
ピース
ピース
朝シャワー派は絶対この流れがスムーズなんです!

乾くスピードが遅いタイプはスタリングの手直しができるからおすすめという意見もありますが、個人的にはショートヘアのスタリングにそこまで手直しは必要ないと思っています。

コスパ

毎日使うものなので、コスパはとても重要です。
 
上述のギャツビーのジェル「スタイリングジェル スーパーハード(200g)」で参考価格648円(1gあたり、3,24円)が一つの基準になります。

ピース
ピース
ギャツビーのジェルよりコスパが優れていれば優秀だと思います。

ショートヘアのメンズ向けおすすめジェル


ショートヘアのメンズ向けおすすめジェルとして、ジェルを選ぶうえで特に重要なポイントである「セット力」「コスパ」「おすすめ度」から、ランキングしていきます。

【3位】「ウーノ(uno)」スーパーハードジェル


「ウーノ(uno)」スーパーハードジェルは、ジェルがサラサラしていてとっても使い心地が軽いんです!

ジェルの伸びがよくて本当にスタイリングしやすいので、驚きます。

それでいて、驚くほどキープ力は強いです。

ピース
ピース
朝スタイリングして夜までセットが崩れた記憶がありません。

さらに、アンチオイリーなのでベタつき感が少なく、粉吹きしにくいノンフレーキングポリマー配合、無香料、湿度に強いなどとても使いやすいんです。

万が一、スタリングで崩れてしまっても、手を水で濡らして軽く髪に馴染ませるとセット力戻るというワックスのような特性も持ち合わせます。

髪の毛をいたわるトリートメント成分が入っているところも気に入っています。

ピース
ピース
「ウーノ(uno)」スーパーハードジェルは、かなり優等生な万能タイプのジェルです!

ただし、弱点は、速乾性でないことと、ややコスパが悪いことです。

ドンキホーテ調べで、税込777円(180g)(4,3円/g)です。

コスパを気にしない貴族向けです!

created by Rinker
UNO(ウーノ)
¥616
(2019/05/22 20:06:19時点 Amazon調べ-詳細)

  • つけ心地が軽くて髪なじみがよい
  • 長時間しっかりとセット力をキープできる
  • コスパがよくない
  • 速乾性でない
  • 「セット力」★★★★★
  • 「コスパ」★★☆☆☆
  • 「おすすめ度」★★★☆☆
created by Rinker
UNO(ウーノ)
¥616
(2019/05/22 20:06:19時点 Amazon調べ-詳細)

【2位】「マンダム(mandom)」 ロングキープジェル


「マンダム(mandom)」 ロングキープジェルは、定番中の定番じゃないでしょうか?

ミー子
ミー子
コンビニでもよく見るやつね!

「ウーノ(uno)」スーパーハードジェルに比べると、使用感はやや重めに感じるかもしれませんが、安心感があります。

こちらもノンオイリーで、ベタつきが少なく、シャンプーで落としやすい、粉吹きしにくいなど、とても扱いやすいジェルです。

軽めのシトラス系フレーバーですが、あまりに気にならない程度なので問題ありません。

ただし、濡れていない髪につけると一気にセット力が弱くなるので、注意です。

ピース
ピース
それで何度かスタイリングが崩れた記憶があります。

そのため朝シャワーを浴びない日には結構使いずらいです。

ドンキホーテ調べで、税込321円(225g)(1,4円/g)なので、コスパは良く、総合的なバランスは良いジェルだと思います!

created by Rinker
MANDOM(マンダム)
¥363
(2019/05/22 20:06:20時点 Amazon調べ-詳細)

  • ノンオイリーなので扱いやすい
  • ベタつかずシャンプーで洗い落としやすい
  • コスパがよいので十分総合力は高い
  • 髪を濡らさないとセット力が持続しない
  • 「セット力」★★★★☆
  • 「コスパ」★★★★☆
  • 「おすすめ度」★★★★☆
created by Rinker
MANDOM(マンダム)
¥363
(2019/05/22 20:06:20時点 Amazon調べ-詳細)

【1位】「ドン・キホーテ」Dジェル 激硬


さて、わたしの中でぶっちぎりの1位ですが「ドン・キホーテ」Dジェル 激硬です。

ドンキホーテのプライベートブランドであるDジェルの「D」は、もちろん「ドン・キホーテ」の頭文字「D」です。

ピース
ピース
パッケージがダサめなのは、どうかご勘弁ください。

ちなみにDジェルを知ったきっかけは、美容師さんからゴリ押しされたからです!

Dジェルを一言でいうと、「最強のコスパと最強のセット力」のジェルです!

価格は、ドンキホーテ調べで、税込429円(330g)(1,3円/g)です。

しかも今、価格は変わらず20%増量しています!

この場合、価格は税込429円(350g)(1,2円/g)です。

このようにコスパもスゴイのですが、セット力もガッチガチに躊躇なく固まります。

ピース
ピース
朝のスタリングが夜まで崩れたことがありません。

それでいて、ノンオイルなので、シャンプーで簡単に落ちますし、粉吹きしない、無香料と、言うことなしなんです。

唯一の難点は、ドンキホーテにしか売ってしないので、わたしはこのためだけにドンキホーテに行って、買い溜めしています。

ミー子
ミー子
そりゃあ、アマゾンに売ってるわけない!

多少の買いにくさはあるものの、わたしの中で圧倒的おすすすめジェルは「ドン・キホーテDジェル 激硬」です!

  • 圧倒的なコスパ
  • ガチガチのセット力
  • シャンプーで洗い落しやすく、粉吹きしない
  • ドンキホーテにしか売ってしないので買いにくい
  • 「セット力」★★★★★
  • 「コスパ」★★★★★
  • 「おすすめ度」★★★★★

【0位】「柳屋」Jウルトラハードジェル


え?0位って何?となったかもしれませんが、見つけたのです!

「Dジェル」の代わりになるジェルを!

「Dジェル」の裏面を見ていた時に気づいたのです。

製造販売主「柳屋本店」と。

そう、実は「Dジェル」は、「柳屋本店」というメーカーがつくっていました。

そして調べてみると、成分は「Dジェル」と「柳屋 Jウルトラハードジェル」まったく一緒だったのです!

こちらが「柳屋 Jウルトラハードジェル」の成分です。

参照)整髪料(ヘアジェル)Jウルトラハードジェル

created by Rinker
柳屋本店
¥439
(2019/05/22 20:06:21時点 Amazon調べ-詳細)

ピース
ピース
完全にまったく同じ成分です!

違うのはパッケージだけです。

つまり、ドンキホーテに行かずとも「Dジェル」と同一品が買えたのです。

価格も税込439円(330g)(1,3円/g)なので、Dジェルとほぼ同じなんです。

created by Rinker
柳屋本店
¥439
(2019/05/22 20:06:21時点 Amazon調べ-詳細)

ピース
ピース
今までアホみたいにわざわざ電車に乗って、Dジェルを買いに行っていたのに、驚愕ですよ。

まとめ

要点まとめ
  • ショートヘアの人はワックスではなく、ジェルがおすすめ
  • ジェルは「セット力」「コスパ」「扱いやすさ」から選ぶ
  • 最強ジェルは「ドン・キホーテ Dジェル 激硬」か「柳屋Jウルトラハードジェル」
ABOUT ME
ピース
東京の超ホワイト企業で働くアラサーリーマン。ブラック企業から脱出し、ヒマができたのでブログを書きます。趣味のファッションと筋トレに加え、仕事の話などをメインに書いていきます(^o^)