メニュー

【筋トレ週2回のメニュー】ジムで実践して効果の高いセットの組み方

こんにちは、ピース(@Peace__Blog)です。

ピース
ピース
わたしは3年前まで体重48,5kgのガリガリ体型でしたが、週2回の筋トレで65kgまで増量することができました。

本当は週に3~4回くらい筋トレをしたいのですが、仕事の日はどうしてもモチベーションがあがりません。

そのため、週末2回の筋トレをいかに効率的に行うか考えながら、効果を高めるメニューの組み方を試行錯誤してきました。

3年間、筋トレを続けたわたしの結論としては、「効率的なメニューの組み方」や「筋肥大のコツ」を知ってさえいれば、週2回の筋トレでも間違いなく筋肉は成長するということです。

「わたしの筋トレの状況と体の変化」

  • 筋トレ歴3年
  • 筋トレは週2回(無理なときは1回)のペース
  • 3年前は身長172cm、体重48.5kg
  • 現在は体重65kgまで増量中
  • 3年前の体と比較

今回は、実際にわたしが週2回の筋トレで実践している「メニューの組み方」や「筋肥大のコツ」を紹介していきたいと思います。

わたし自身まだまだ成長途中ですが、読んでもらえると幸いです。

こんな人におすすめ
  • 忙しくて週2回しかジムで筋トレできない
  • 週2回の筋トレで全身を鍛える効果的なメニューが知りたい
  • 筋肥大するための筋トレのコツが知りたい

筋トレが週2回しかできない人向けのメニューの組み方


まずは、筋トレを週2回でする人向けの「メニュー」の組み方を説明していきます。

ただやみくもに筋トレするのではなく、効率のよいメニューで行うことが週2回の筋トレでも筋肥大するコツです。

大きい筋肉をターゲットにメニューを組み立てる

週2回しか筋トレができないので、ターゲットを「胸」「背中」「足」「肩」に絞ります。

「胸」「背中」「足」「肩」は体の中でも大きい筋肉を占めるので、この4つの部位を重点的に鍛えることが結果的に全身を鍛えることにつながります。

例えば、「胸」「背中」の筋トレでは、「腕」の筋肉もつきますし、足の筋トレでは「腹筋」もかなり使います。

また、足の筋トレはサボりたくなるところですが、足を鍛えることで成長ホルモンが分泌されて、上半身にも好影響を及ぼすのでサボらないようにしましょう。

ピース
ピース
足は上半身に比べて見えにくいので、正直わたしもサボりがちです。

ビッグ3をメニューに取り入れる

「胸」「背中」「足」「肩」の中でも、「胸」「背中」「足」を鍛えるためにもっとも効率的な種目が「ビッグ3」です。

具体的にいうと「ベンチプレス」「デッドリフト」「スクワット」の3種目です。

ビッグ3は、「胸」「背中」「足」ともに、最大の重量を扱いながら、それぞれの部位全体を鍛えることができるので、週2回という少ない時間の中で最も効率的な種目といえます。

「ベンチプレス」「デッドリフト」「スクワット」のやり方の説明はのちほどします。

週1回はすべての部位を筋トレする

週2回の筋トレのうち、「胸」「背中」「足」「肩」をそれぞれ毎週1回は筋トレしてください。

例えば、週1日は「胸」と「背中」、もう1日は「足」「肩」というように、必ず週に1回は4つの部位すべてを筋トレしてください。

具体的なメニュー例は、のちほど説明していきます。

    「メニュー」の組み方ポイント

  • 筋トレする部位を「胸」「背中」「足」「肩」に絞る
  • 「ベンチプレス」「デッドリフト」「スクワット」を行う
  • 毎週1回ずつ「胸」「背中」「足」「肩」を筋トレする

筋トレが週2回しかできなくても効果的な種目の組み方


次は、メニューの中に組み込む「種目」の組み方を説明します。

メニューを構成する1つ1つの種目の取り組み方が、筋トレの効果を左右するのでそのコツを説明していきます。

オールアウトさせる

週に1回ずつ「胸」「背中」「足」「肩」の各部位を筋トレしますが、それぞれオールアウトを目指してください。

オールアウトとは、鍛えたい部位の筋肉に負荷をかけ続けて、もう筋トレできないくらいに力を出し切った状態にすることです。

筋肉は、筋繊維を破壊して回復することでどんどん成長していくので、しっかりオールアウトさせると筋肉の成長は格段に加速します。

ピース
ピース
週2回の筋トレで筋肥大させるには、オールアウトさせることがかなり大事です。

ただし、オールアウトさせるにもコツがあるので、「分割法」と「ピラミッド法」を紹介します。

分割法

分割法とは、筋肉の部位を分割して、それぞれ別の日に筋トレする方法です。
  
例えば、週2回の場合、週1日は「胸」と「背中」、もう1日は「足」「肩」というように筋トレの部位を限定してセットを組みます。

分割法のメリットは1つの部位に限定して複数種目を集中的に行えるので、狙った部位を確実にオールアウトできることです。

やみくもに1日にすべての部位を鍛えようとしても、全部中途半端になって、結果どこも鍛えられていないという状態を防ぎます。

ピラミッド法

ピラミッド法とは、1つの種目を行うときに、低い重量からスタートし、少しずつ重量を上げていき、最大重量まできたら今度は少しずつ重量を下げていく方法です。

例えば、1種目ごとに、限界で5~8回程度できる重さを最大重量として設定し、まず最初のセットは最大重量の5割程度の重さからはじめ、7割、9割、最大重量と、段階的にセットの重量を上げて、その後、9割、7割、5割と、段階的にセットの重量をおとして、筋肉を追い込んでいくようなイメージです。

ピラミッド法のイメージ

  1. ウォームアップセット(軽い重量)
  2. メインセット(重い重量)
  3. 追い込みのセット(軽い重量)

ピラミッド法のメリットは、分割法と組み合わせて行うと、特定の部位をさらに効率的に鍛えることができるので、より狙った筋肉をオールアウトさせやすくなります。

重さにこだわる

筋肥大が目的の場合、メインセットは回数よりも重さ重視で筋トレしたほうが、筋肉の成長は早いです。

メインセットは自分ができる最大重量で行いますが、1セットあたり5~7回程度できる限界重量で組んでみてください。

もちろん頑張りすぎて怪我をしてはダメですが、重さにこだわらないと筋肉の成長は遅いです。

ピース
ピース
前回よりも1kgでも重い重量を扱えるように目指していくイメージです。

適切な回数とセット数で行う

メインセットの重さを決めたら、ピラミッド法にしたがって、それを1種目あたり3~5セット行ってください。

回数とセット数のイメージ(1種目あたり)

  1. ウォームアップセット(軽い重量)
  2. 10~12回×1セット

  3. メインセット(重い重量)
  4. 5~7回×1~3セット

  5. 追い込みのセット(軽い重量)
  6. 8~10回×1~2セット

もし1セットの中で、それ以上の回数ができそうな場合は「重量」をあげてください。

1セットあたりの回数は少なめですが、重量にこだわるのが週2回の筋トレで筋肥大するコツです。

部位ごとの種目数と種目の構成

筋トレの種目数は部位ごとに、最低4種目を目安に行ってください。

種目の構成は、高重量を扱えるメインの種目からはじめて、高回数で追い込めるサブの種目で終了するのがオールアウトさせやすい構成です。

部位ごとに体力のあるうちにメイン種目を行って、疲れてきたらサブ種目でオールアウトに向けて追い込むというイメージです。

例えば、胸を鍛えるときには、最初の2種目は高重量を扱えるメイン種目、残り2種目は回数をこなせる追い込みの種目という構成になります。

インターバルをとりすぎない

セット間のインターバル(休憩)は、メイン種目は60~90秒、サブ種目は30~60秒程度が適切です。

この時間設定は、筋成長を促すホルモン量が最大化するインターバルです。

逆にインターバルが短すぎると筋肉の回復が間に合わず、次のセットで十分な強度で筋トレができなくなるので、これ以上短くしないほうがよいと思います。

正しいフォームで筋トレする

種目ごとに正しいフォームを意識し、最初は丁寧にゆっくりと行ってください。

重さにこだわるといっておきながら少し矛盾する部分もありますが、重量があがらないからといって、反動をつけたり、間違ったフォームで筋トレしてもあまり意味がありません。

正しいフォームで筋トレができる前提で、重さにこだわっていくというイメージです。

正しいフォームで筋肉をうまく使えているか自分で感じることができるようになるまで少し時間がかかると思いますが、回数をこなして体でコツをつかむしかありません。

フォームはユーチューブを参考にするのがわかりやすいので、のちほど参考動画を貼っておきます。

「種目」の組み方ポイント

  • 部位ごとにオールアウトさせることを目標にする
  • 分割法とピラミッド法で効率的にオールアウトさせる
  • 部位ごとにメイン種目2つ+サブ種目2つ=計4種目を行う

週2回の筋トレでも、「胸」「背中」「足」「肩」の筋肉を週1回ずつオールアウトできれば、必ず筋肥大します!

部位ごとのおすすめの種目


「胸」「背中」「足」「肩」のおすすめの種目を紹介します。

それぞれ高重量で行うメイン種目2つと、回数をたくさん稼いで筋肉を追い込むサブ種目4つを記載します。

胸のおすすめ筋トレ種目

胸のおすすめの筋トレ種目です。

高重量を扱える押し出す(プレス系)種目がメインで、筋肉をストレッチさせる種目がサブです。

  • (メイン)ベンチプレス
  • (メイン)ダンベルプレス
  • (サブ)インクラインダンベルプレス
  • (サブ)マシンチェストプレス
  • (サブ)ダンベルフライ
  • (サブ)ケーブルフライ

胸の種目で最も高重量を扱えるビッグ3の1つ「ベンチプレス」のコツ動画を貼っておきます。

背中のおすすめ筋トレ種目

背中のおすすめの筋トレ種目です。

背中は筋トレするのが難しい部位なので、コツをつかむまで反復しましょう。

  • (メイン)デッドリフト
  • (メイン)ベントオーバーロー
  • (サブ)チンニング
  • (サブ)ワンハンドローイング
  • (サブ)ラットプルダウン
  • (サブ)ケーブルローイング

高重量を扱えて背中全体を鍛えられるビッグ3の1つ「デッドリフト」のコツ動画を貼っておきます。

【背中の筋トレ】背中の筋肉を上手に鍛えるにはパワーグリップがおすすめ三流大卒サラリーマンに幸せを運びたい!ピース(@Peace__Blog)です。 背中の筋トレって難しいと思いませんか? いく...

足のおすすめ筋トレ種目

足のおすすめの筋トレ種目です。

わたしの足の筋トレはほぼ固定の4種目ですが、バリエーションとしてもう2種目追加して紹介します。

  • (メイン)スクワット
  • (メイン)レッグプレス
  • (サブ)マシンレッグエクステンション
  • (サブ)マシンレッグカール
  • (サブ)ランジ「バリエーション」
  • (サブ)ブルガリアンスクワット「バリエーション」

足を中心に腹筋まで鍛えられる全身運動のビッグ3の1つ「スクワット」のコツ動画を貼っておきます。

肩のおすすめ筋トレ種目

肩のおすすめの筋トレ種目です。

肩の筋肉は三角筋といわれるように、「前部」「中部」「後部」に分かれるので、それぞれ鍛える必要があります。

  • (メイン)ショルダーダンベルプレス「前部」
  • (メイン)サイドレイズ「中部」
  • (サブ)アーノルドプレス「前部」
  • (サブ)フロントレイズ「前部」
  • (サブ)アップライトロウ「中部」
  • (サブ)リアレイズ「後部」

肩の前部、中部、後部をまんべんなく鍛えるメニューのコツ動画を貼っておきます。

【筋トレグッズ】おすすめ3選!初心者にこそ使ってほしい補助グッズこんにちは、ピース(@Peace__Blog)です。 せっかく筋トレしても「イマイチ筋肉に効いていないなあ」と感じることはないでし...

筋トレを週2回するわたしのメニュー例


最後に、週末の土日に筋トレしているわたしのメニュー例です。

ピース
ピース
一例として参考にしてもらえるとうれしいです。

わたしは2パターンのメニューがありますが、種目は毎回変わります。

2パターンのメニューを用意する理由は、筋肉への刺激を変えることと、筋トレを飽きにくくするためです。

それぞれ1日に2つの部位のみをターゲットにし、1つの部位ごとにだいたい4種目×3~5セット程度行っています。

メニュー「1パターン目」

「土曜日」胸、足の日

    胸のメニュー

  1. (メイン)ベンチプレス
  2. (メイン)ダンベルプレス
  3. (サブ)インクラインダンベルプレス
  4. (サブ)ダンベルフライ
  5. 足のメニュー

  6. (メイン)スクワット
  7. (メイン)レッグプレス
  8. (サブ)マシンレッグエクステンション
  9. (サブ)マシンレッグカール

「日曜日」背中、肩の日

    背中のメニュー

  1. (メイン)デッドリフト
  2. (メイン)ベントオーバーロー
  3. (サブ)チンニング
  4. (サブ)ワンハンドローイング
  5. 肩のメニュー

  6. (メイン)ショルダーダンベルプレス「前部」
  7. (メイン)サイドレイズ「中部」
  8. (サブ)アップライトロウ「中部」
  9. (サブ)リアレイズ「後部」

メニュー「2パターン目」

「土曜日」胸、背中の日

    胸のメニュー

  1. (メイン)ベンチプレス
  2. (メイン)ダンベルプレス
  3. (サブ)マシンチェストプレス
  4. (サブ)ケーブルフライ
  5. 背中のメニュー

  6. (メイン)デッドリフト
  7. (メイン)ベントオーバーロー
  8. (サブ)ラットプルダウン
  9. (サブ)ケーブルローイング

「日曜日」足、肩の日

    足のメニュー

  1. (メイン)スクワット
  2. (メイン)レッグプレス
  3. (サブ)マシンレッグエクステンション
  4. (サブ)マシンレッグカール
  5. 肩のメニュー

  6. (メイン)ショルダーダンベルプレス「前部」
  7. (メイン)サイドレイズ「中部」
  8. (サブ)アーノルドプレス「前部」
  9. (サブ)リアレイズ「後部」

「筋トレ週2回のメニュー」まとめ

要点まとめ
  • 筋トレする部位は「胸」「背中」「足」「肩」に絞る
  • 週に1日ずつ、2つの部位に限定して筋トレする
  • 週に1回、各部位をオールアウトさせる
【ガリガリが筋肉をつける3つのコツ】筋トレ+食事+継続の正しい方法こんにちは、ピース(@Peace__Blog)です。 わたしは、3年前まで「身長172cm、体重48.5kg」のガリガリ体型で、細...
【筋トレを続けるコツ10個】順番通り行えば継続できる具体的な方法ピース(@Peace__Blog)です。 筋トレを続けたいのは山々ですが、仕事で疲れていたり、気持ちがのらなかったりして筋トレに行...
ABOUT ME
ピース
東京の超ホワイト企業で働くアラサーリーマン。ブラック企業から脱出し、ヒマができたのでブログを書きます。趣味のファッションと筋トレに加え、仕事の話などをメインに書いていきます(^o^)