ビジネス

【靴磨き】やり方とおすすめの道具を元セレクトショップ店員が紹介

こんにちは、大学生時代にユナイテッドアローズのスーツフロアでアルバイトをしていたピース(@Peace__Blog)です。

当時、革靴のメンテナスなんてリキッドタイプの簡単なケア用品(ハンディタイプの安いやつ)で行っていましたが、先輩社員に「それではダメだ」と叱られたのを思い出します。

ピース
ピース
それから、革靴の磨き方や、おすすめの道具を徹底的に教えてもらい、今ではかなりキレイに靴磨きができるようになりました。

靴磨きは、お店に出すと1回2,000~4,000円くらいしますし、紳士たるもの大切な靴くらい自分で磨きながら長く愛用したいですよね。

ちなみに革靴のトゥをピカピカにする鏡面仕上げがありますが、水を使うので靴にダメージを与えますし、個人的に「はりきってる感」が好きではありません。

そのため今回は、自然なツヤ感にとどめた靴磨きのやり方や、おすすめの道具をご紹介します。

こんな人におすすめ
  • セレクトショップ仕込みの靴磨きのやり方が知りたい
  • おすすめの靴磨きの道具を知りたい
  • 清潔感のある自然なツヤ感の革靴が好き

靴磨きの効果


なぜ手間をかけて、靴を磨く必要があるのか?

靴磨きの効果は大きく3つだと思います。

清潔感

お洒落は足元からとわれるように、革靴が汚れていると一気に清潔感が失われます。

革靴がキレイに磨かれていると、「仕事デキル感」も増すので不思議です。

ミー子
ミー子
靴が汚い人は印象悪いよね。

靴を長持ちさせる

人間の肌と同じで、汚れを落として、栄養を与えないとどんなにいい靴でもダメになってしまいます。

そのため、定期的に靴磨きしてメンテナンスする必要があるのです。

靴に愛着が湧く

わたしは「良いものを長く使う」のが好きですが、靴を磨くとどんどん愛着がわきます。

一緒に歳をとりたいなあと思える靴が身近にあるのも、良いものですよ。

ピース
ピース
歳をとるとこんなことを言い出します。

今回、靴磨きする靴(クロケット&ジョーンズ WEST FIELD)


今回はわたしがスーツにあわせて履いている「クロケット&ジョーンズのWEST FIELD」を磨いていきます。

ビジネスシーンで定番的に使われるブラックスムースレザーのストレートチップです。

ピース
ピース
6年くらい前に伊勢丹で買いました。

一見キレイに見えますが、最近はほとんどスーツを着ないので、2年くらい靴磨きをサボっていたため、よく見ると革がくすんでいたり、ところどころ汚れや小傷があります。

トゥや、ヒールカップ、サイドにも小傷と汚れがあります。

今回の記事で、この革靴をキレイに磨いていきます。

スエードやクロコなどの別素材の場合、メンテナンス方法が異なりますので注意してください。

靴磨きの道具(セットもあり)


今回の靴磨きで登場する、わたしが使っている道具を紹介していきます。

靴磨き道具なら「M.MOWBRAY(M.モゥブレイ)」

M.モゥブレイは老舗の高級シューケア専業ブランドです。

M.モゥブレイのクリームは、高い浸透力と伸びで革に潤いと栄養を与えるので、世界の革靴愛好家から高い支持を得ています。

さらに、使い勝手がとても良いこともあり、プロから初心者まで使いやすいのが特徴です。

ピース
ピース
ユナイテッドアローズでも「M.モゥブレイ」のシューケア用品は支持されていて、わたしも先輩からおすすめされて使い始めました。
  1. M.モゥブレイ ステインリムーバー

  2. リムーバーは汚れ落としの効果があります。

    靴を磨く前に、汚れや古いクリームを落とさないまま、新しいクリームを塗ろうとすると、クリームが地層のように重なります。

    こうなると、革の通気性が失われ、ひび割れの大きな原因となってしまうので、リムーバーは必須です。

    M.モゥブレイステインリムーバーは、水性で革へのダメージが少なく、防カビ効果もあるので、定番のリムーバーです。

    created by Rinker
    M.MOWBRAY(M.モゥブレィ)
    ¥648
    (2019/07/19 11:57:44時点 Amazon調べ-詳細)

  3. M.モゥブレイ デリケートクリーム(乳化性クリーム)

  4. 革を保湿し、栄養を与え、柔軟性を保持するための、乳化性タイプのクリームです。

    革のひび割れや劣化を防止できるので、革靴を長持ちさせるためにとても有効です。

    M.モゥブレイ デリケートクリームは、油と蝋の配合が少ない水分主体のクリームなので、伸びがよく革に深く浸透するのが特徴です。

    created by Rinker
    M.MOWBRAY(M.モゥブレィ)
    ¥1,080
    (2019/07/19 11:57:44時点 Amazon調べ-詳細)

  5. M.モゥブレイ シュークリームジャー(油性クリーム:靴墨)

  6. いわゆる靴墨ですが、油性なので色入れだけでなく、ツヤ出しに適しています。

    しかし、革を保湿し、栄養を与えるものではありませんので、必ず乳化性クリームを馴染ませたあとに使ってください。

    M.モゥブレイ シュークリームジャーは、油性クリームの中では伸びが良くて初心者にも扱いやすく、それでいて十分な捕色力と光沢もでます。

    磨く靴と同色カラーのクリームを選んでください。
    (今回は、ブラックを使いました)

    created by Rinker
    M.MOWBRAY(M.モゥブレィ)
    ¥875
    (2019/07/19 11:57:45時点 Amazon調べ-詳細)

    わたしが大学生時代に使っていた「塗るだけでツヤの出るハンディタイプの靴墨」的なオールインタイプだと、革の表面に靴墨の層をつくり続けてしまいます。
    結果、呼吸のできなくなった革が硬化し、ひび割れの原因となります。
    汚れ落とし、保湿、墨入れは、必ず別々の工程で行う必要があるのです。

  7. M.モゥブレイ ポリッシングコットンクロス

  8. リムーバーや、クリームを馴染ませて使える起毛タイプのコットンクロスです。

    クリームはブラシを使って馴染ませる方法が主流ですが、わたしはどうしても靴へのダメージが気になってしまいます。

    そのためダメージを軽減できるクロスを使っています。

    M.モゥブレイ ポリッシングコットンクロスは、当たり前ですが、モゥブレイの製品と相性が良いです。

    created by Rinker
    M.MOWBRAY(M.モゥブレィ)
    ¥432
    (2019/07/19 11:57:45時点 Amazon調べ-詳細)

  9. M.モゥブレイ グローブクロス

  10. 墨入れ後、乾拭きで磨くときに使うフィニッシュ用のミトン型クロスです。

    ミトン型を使うと、手の平を使って広範囲を一気に磨けるので、作業がかなりはかどります。 

    created by Rinker
    M.MOWBRAY(M.モゥブレィ)
    ¥540
    (2019/07/19 11:57:46時点 Amazon調べ-詳細)

  11. コバ用ブラシ

  12. 靴のコバ部分のホコリや汚れをピンポイントに落とすブラシです。

    クロスだと、コバは汚れを落としにくい部分なのでブラシを適宜使ってください。

    わたしが使っているコバ用ブラシは安物ですが、M.モゥブレイ製品も探したらありました。

「M.MOWBRAY(M.モゥブレイ)」の靴磨きセット

これらが全部入ったスターターセットもあるので、まとめて買いたい人はこちらをどうぞ。
(ブラックの靴墨入り)

磨きたい靴がブラックではない場合、靴墨以外が入ったスターターセットにして、靴墨は別で買うのが良いと思います。

created by Rinker
M.MOWBRAY(M.モゥブレィ)
¥2,808
(2019/07/19 11:57:47時点 Amazon調べ-詳細)

M.モゥブレイの靴墨はカラバリがたくさんあるので、例えばダークブラウンや、ミディアムブラウンならこちらという具合です。

created by Rinker
M.MOWBRAY(M.モゥブレィ)
¥972
(2019/07/20 11:07:35時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
M.MOWBRAY(M.モゥブレィ)
¥1,404
(2019/07/19 11:57:48時点 Amazon調べ-詳細)

木製シューツリー

木製シューツリーについても触れさせてください。

シューツリーは、直接靴磨きとは関係ありませんが、革靴の脱臭や、反り返り、履きジワを防ぐ効果があるため、必要なメンテナンス道具の一つです。

革靴が圧倒的に長持ちするので、大切な靴には必ず入れておくべきです。

わたしのおすすめは、コルドヌリアングレーズの木製シューツリーです。

1885年に創業した老舗のシューキーパー専業メーカーというところに惹かれます。

ピース
ピース
「餅は餅屋」専業メーカーが大好物です。

ちなみに、シューツリーを入れたまま靴を磨いたほうがシワが伸びて磨きやすいという声もありますが、わたしはシューツリーが靴墨で汚れるのが嫌なのでシューツリーを抜いてから磨く派です。

ミー子
ミー子
めんどくさいやつ!

靴磨きのやり方(手順)


では、ご紹介した靴磨きの道具を使いながら、靴磨きのやり方を説明していきます。

靴磨きは、女性のスキンケアによく似ているといわれますが、肌の汚れを落として、保湿して、化粧するという手順が同じだからです。

詳しくやり方をみていきます。 

  1. 「クリーニング」靴のホコリを落とす
  2. まずは、簡単に靴のまわりのホコリなどを落としてください。

    馬毛ブラシがおすすめですが、わたしは持っていないので、クロスでササっとやっています。

  3. 「クリーニング」リムーバーで汚れ落とし
  4. ステインリムーバーで、表面の汚れや古いクリームを落としていきます。

    液体が分離しているので、よく振ってから500円玉程度をクロスに馴染ませます。


    リムーバーを馴染ませたクロスを使って、全体の汚れをまんべんなく拭きとって落としてください。

    光沢がなくなりマットな質感になります。

    わたしの場合、同じクロスで、「リムーバー」「乳化性クリーム」「油性クリーム(靴墨)」を使うため、3分割して使っています。
    用途ごとにクロスを分けるか、1枚のクロスで使う部分を分けるかして、製品が混在しないようにしましょう。

  5. 「保湿」乳化性クリームを浸透させる
  6. クロスに100円玉程度の乳化性クリームを馴染ませます。

    乳化性クリームを馴染ませたクロスを使って、全体に優しく浸透させていってください。

    栄養成分が染みこんで、革がやわらかくなっていくのがわかると思います。

  7. 「墨入れ」油性クリームを塗り込む
  8. コツは、油性クリームをたくさんクロスにつけないことです。

    クリームをちょんちょんと、少しだけクロスの先端につけて、何回かに分けて塗り込んでいってください。

    油性クリームは、リムーバーや乳化性クリームに比べて伸びがよくないので、ムラなく塗るには少しずつ段階的に塗っていく必要があります。

    革に光沢が戻ってきます。

  9. 「磨き」磨きながら仕上げる
  10. フィニッシュ用のグローブクロスで余分な油性クリームをとりながら、仕上げの磨きです。

    油性クリームに反応し、磨けば磨く分だけピカピカになります。

    鏡面上げにはしませんが、トゥの部分は少しだけ光沢感が強いほうがキレイに仕上がるので、トゥを重点的に磨いてみてください。

  11. 「その他」コバの汚れとり
  12. 毎回行う必要はないと思いますが、たまにコバの汚れやホコリもメンテナンスしてください。

    ブラシでコバに付着したホコリを掻き出すイメージです。

  13. 「完成」キレイに磨けた
  14. シューツリーを入れなおして完成です。

    小傷や汚れが目立っていたトゥ、ヒールカップ、サイドもキレイになりました。

もし、雨の日に革靴を履く用があるときは、せっかく磨いた革靴がソッコーで汚れてしまわないように、M.モゥブレィのプロテクターアルファで防水、撥水効果を付加しておきましょう。

created by Rinker
M.MOWBRAY(M.モゥブレィ)
¥1,620
(2019/07/19 11:57:49時点 Amazon調べ-詳細)

靴磨きの時間と頻度


わたしの場合、今回この一連の作業で、だいたい20分くらいかかりました。

それぞれの工程を正しく行うとどうしてもこれくらいの時間はかかってしまいますが、キレイに仕上がるとますます靴に愛着が湧きますよ。

磨く頻度は、普通に履いている場合であれば、感覚的にはだいだい10回程度が靴磨きの目安でしょうか。

とはいえ、着用時間やシーンによるので、10回履いてもキレイな場合もありますし、雨の日に1回履いて汚れてしまうこともあります。

ピース
ピース
ですので、基本的には「汚れが目立ち始めたら磨く」でいいと思います。

靴磨きの道具のおさらい


最後に、今回使った靴磨きの道具や、セットのおさらいです。

created by Rinker
M.MOWBRAY(M.モゥブレィ)
¥648
(2019/07/19 11:57:44時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
M.MOWBRAY(M.モゥブレィ)
¥1,080
(2019/07/19 11:57:44時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
M.MOWBRAY(M.モゥブレィ)
¥875
(2019/07/19 11:57:45時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
M.MOWBRAY(M.モゥブレィ)
¥432
(2019/07/19 11:57:45時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
M.MOWBRAY(M.モゥブレィ)
¥540
(2019/07/19 11:57:46時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
M.MOWBRAY(M.モゥブレィ)
¥2,808
(2019/07/19 11:57:47時点 Amazon調べ-詳細)

靴磨きのやり方とおすすめの道具まとめ

要点まとめ
  • 靴磨きは、清潔感を保つことと、靴を長持ちさせるために行う
  • 靴磨きのやり方は、「クリーニング>>保湿>>色入れ>>磨き」の手順で行う
  • 靴磨きには、「M.モゥブレイ」製品がおすすめ
ABOUT ME
ピース
東京の超ホワイト企業で働くアラサーリーマン。ブラック企業から脱出し、ヒマができたのでブログを書きます。趣味のファッションと筋トレに加え、仕事の話などをメインに書いていきます(^o^)
関連記事はこちら