転職

【転職の給与交渉】自分の市場価値が5分でわかる「ミイダス」がおすすめ

こんにちは、ピース(@Peace__Blog)です。

ピース
ピース
転職で給与交渉するときや、希望年収を伝えるとき、何を基準に判断していますか?

そもそも今の自分の給料が高いのか?安いのか?って、正直わかりにくいですよね。

これでは、転職のときの給与交渉も基準がないので、うまくいきません。

そんなとき「ミイダス」なら、たった「5分」で自分の市場価値(目安年収)がわかるので、給与交渉の参考になります。

用意するのは「スマホだけ」でOK、市場価格を見るだけならサイトへの登録も必要ありません!

ミー子
ミー子
お手軽だね!

ミイダスの特徴

  • 完全無料
  • 5分で、自分の市場価値(目安年収)がわかる
  • スマホで入力でき、選択項目を選ぶだけでほぼ完結する
  • 7万人以上の転職データから自分の市場価値が算出される
  • さらに、登録情報を見た企業から直接面接のオファーがくる

今回わたしも「ミイダス」を使って、「アラサー、営業職」である自分の市場価値を調べてみたので、その手順や、結果どうだったかなどを説明していきます。

こんな人におすすめ
  • スマホでサクッと自分の市場価値が知りたい
  • 転職で給与交渉するときの参考にしたい
  • 転職の希望年収がピンとこない

「ミイダス」で市場価値を確認する手順や、わたし(アラサー、営業職)の結果をすぐに見たい人は、目次からチェックしてみてください。

「転職の給与交渉におすすめ」ミイダスとは


「ミイダス」は、ミイダス株式会社が運営している「企業のダイレクトリクルーティング」サービスです。

ダイレクトリクルーティングとは、企業が必要な人材に直接アプローチする攻めの姿勢の採用活動です。

つまり、ミイダスは自分の市場価値がわかるだけでなく、サイトに登録すると自分に興味をもった企業からオファーをもらえるという仕組みです。

ピース
ピース
ミイダスに登録している企業はおよそ40,000社、こんな優良企業も含まれます。

また、ミイダス株式会社は、転職サイトでお馴染みの「doda」を運営する人材大手の「パーソルキャリア社(旧:インテリジェンス)」からスタートしたサービスなので、信頼感が高いです。

「ミイダス」の由来は、「あなたの価値を見いだす」という意味と、「企業が優秀な人材を見いだす」という意味が込められています。

「転職の給与交渉におすすめ」ミイダスの特徴とは?

ミイダスでできること(ミイダスの使い方)

  1. 「自分の市場価値(目安年収)がわかる」
  2. 5分程度の簡単なキャリア登録だけで、自分の市場価値(目安年収)がわかります。
    パーソルキャリア社の7万人の年収データや転職実績データから自分の市場価値が算出される仕組みです。
    ここまでは、サイトに登録しなくても確認できます。

  3. 「企業からのアクションを検討する」
  4. ここからはミイダスに登録すると受けられるサービスですが、無料なので登録しちゃいましょう!
    自分が転職したい条件を入力してサイト登録すると、自分の条件にあった企業からアクションがあります。
    「え、こんな企業が自分に興味があるの?」というオファーがあったりします。

  5. 「面接確約オファーを受ける(面接を受ける)」
  6. もし企業からオファーがった場合、すぐに面接の希望や条件交渉ができます。
    もちろん、スルーすることもできます。

  7. 「自分から企業にアクションする」
  8. 気になる企業があれば、企業をフォローすることで自分の存在を企業にアピールできます。
    結果、企業担当者の目に留まってオファーがあるかもしれません。

  9. 「他の人の転職データが見れる」
  10. 自分以外の人が、どんな職歴から、どんな業界や職種に転職して、どれくらいの年収になったかというデータを見ることができます。
    つまり、自分のキャリアだと、どんな転職ができそうなのか参考にすることができるのです。

  11. 「自分の登録情報を充足する」
  12. プロフィールや、職務経歴書を追加登録することで、企業からオファーをもらいやすくなります。
    追加登録しなくてもオファーはきますが、過去の職歴や、具体的なスキルが入力されていると、より自分の希望にマッチしたオファーを狙えます。

ミイダスの良いところ

  • 無料で、簡単に登録完了できるので興味本位ではじめられる
  • エージェントなど、人が介在しないので手軽
  • 自分のペースで空き時間を利用しながら情報収集ができる
  • 最初の登録だけでもかなりのオファーがくるので、ワクワクする
  • 7万人の転職事例が見れるので、キャリアの参考になる
  • 現職など、自分の情報を公開したくない企業を選択できる

ミイダスの悪いところ

  • 最初の登録だけだと経歴やスキルの入力が簡単な分、自分のキャリア情報の精度が低くなる
  • そのため、プロフィールや職務経歴書も登録しないと、企業からのオファーが自分の希望とミスマッチしたりする
  • 口コミを見ていると、実態よりも好条件の市場価値(目安年収)が提示されやすい傾向がある
  • 気になる企業をフォローできても、イコール求人に応募できるわけではない

しっかりと転職活動をする場合、転職エージェントの人的サポートと併用だとバランスが良いと思います。

ミイダスと、転職エージェントは役割が違うので、両方を効率よく使うのがおすすめですね。

ピース
ピース
例えば、ミイダスで情報収集した求人を、転職エージェントのサポートを受けながら、エージェント経由で応募するなどです。
【dodaで転職】エージェントの評判は?初めての転職にこそおすすめこんにちは、アラサーサラリーマンのピース(@Peace__Blog)です。 リクルートエージェント、マイナビエージ...

「転職の給与交渉におすすめ」ミイダスの登録方法


実際にわたしも登録して、自分の市場価値(目安年収)を確認してみました。

画面キャプチャを撮りながら進行しても、市場価値を試算するまで「5分」で完了しました。

あらためて、わたしの簡単なスペックです。

  • 性別:男性
  • 年齢:33歳
  • 学歴:大卒(三流大)
  • 住所:首都圏
  • 職歴1社目:百貨店でのテナントマネジメント(4年ちょっと)
  • 職歴2社目:ファッションEC企業でのクライアントECの受託PM(営業、サイト設計、サイト構築、運用など)(5年ちょっと)
  • 職歴3社目:総合EC企業でのMD(1年未満)
  •  ※職歴は一貫していませんが、営業職が一番近いと思います

ピース
ピース
いわゆる、普通のアラサー、営業サラリーマンですが、どんな結果がでるのでしょうか。

登録時の画面キャプチャにそって説明していきますので、一緒にやってみましょう!

(勢いあまって、ほぼ全画面のキャプチャを貼っていますので、流し読みをおすすめします)

  1. ミイダスにアクセス
  2. まず、ミイダスにアクセスします。

  3. 性別選択
  4. 生年月日選択
  5. 性別選択時点で、すでに年収が表示され始めました。

  6. 第一言語選択
  7. 住所選択
  8. 学歴選択
  9. 大学名選択
  10. 三流大学の名前を堂々と登録します。

  11. 大学の学部選択
  12. 卒業年を選択
  13. 離職の有無を選択
  14. 卒業年を選択すると、年齢がわかるせいか一気に年収があがります。
    ちなみにわたしは離職経験なしです。

  15. 経験社数
  16. わたしの場合は、3社を選択します。

  17. 就業状況を選択
  18. 現職への入社年月選択
  19. わたしの場合は、1年にも満たない社歴ですが、堂々と入力します。

  20. 現職の会社名を選択
  21. 現職の業種を選択
  22. わたしの場合は、小売を選択します。

  23. 現職の業種をさらに細かく選択
  24. わたしの場合は、ITを選択します。

  25. 従業員数を選択
  26. 雇用形態を選択
  27. わたしの場合は、正社員を選択します。

  28. 役職を選択
  29. わたしの場合は、役職なし(平社員)を選択します。

  30. 年収を選択
  31. 直近の職種を選択
  32. わたしの場合は、営業が一番近いので営業を選択します。

  33. 直近の職種をさらに細かく選択
  34. わたしの場合は、ECを選択します。

  35. 営業職の内容を選択
  36. わたしの場合は、法人営業を選択します。

  37. 顧客規模を選択
  38. 顧客の業界を選択
  39. なぜか、ここで年収がさらにあがります。

  40. 担当顧客を選択
  41. わたしの場合は、新規、既存ともに選択します。

  42. 営業スタイルを選択
  43. わたしの場合は、提案型営業を選択します。

  44. 営業スタイルをさらに細かく選択
  45. わたしの場合は、継続型営業を選択します。

  46. 海外営業経験を選択
  47. わたしの場合は、残念ながら経験ありません。
    ここで経験ありが選択できると、ググっと年収があがりそうです。

  48. 代理店向け営業経験を選択
  49. わたしの場合は、経験ありません。

  50. 内勤営業経験を選択
  51. わたしの場合は、経験ありません。

  52. 営業目標達成率を選択
  53. わたしの場合は、ギリギリ100%くらいです。

  54. 営業成績の組織内順位を選択
  55. わたしの場合は、これはわかりません。

  56. 取り扱い経験のある商材を選択
  57. 取り扱い経験のある商材をさらに細かく選択
  58. 取り扱い商材の単価を選択
  59. マネジメント経験を選択
  60. わたしの場合は、残念ながら経験ありません。
    ここで経験ありが選択できると、ググっと年収があがりそうです。

  61. 英語力を選択
  62. わたしの場合は、残念ながら全然話せません。
    ここで何かしら選択できると、ググっと年収があがりそうです。

  63. エクセルスキルを選択
  64. わたしの場合は、基本的な関数やグラフ程度は扱えますが、VBAとかはできません。

  65. 自動車免許の選択
  66. わたしの場合、自動車免許はもっています。

  67. 資格の選択
  68. わたしの場合は、残念ながら仕事に役立つ資格はありません。

  69. 市場価格(目安年収)算出
  70. いろいろボロボロでしたが、なんとか水準を落とさずフィニッシュしました。
    やはり、前評判通り、現在の年収より高い試算となりました。
    ここまでで、かかった時間は5分ちょうどです。

  71. アカウント登録
  72. ここから登録を進めると、登録した希望条件にマッチした企業からオファーをもらえるようになります。
    せっかく無料なので、登録しておきましょう。
    フェイスブックIDを連携して登録もできるようです。

  73. 認証コードの受取
  74. わたしはメールアドレスを入力して登録します。

  75. 認証コードの入力
  76. 公開したくない企業情報を入力
  77. 現在働いている企業には自分の情報を非公開にしたい人が多いと思いますので、働いている企業名を入れましょう。

  78. 希望の勤務地を選択
  79. わたしの場合は、首都圏を選択します。

  80. 希望の業種を選択
  81. わたしの場合は、ITを選択します。

  82. 希望の企業規模を選択
  83. わたしの場合は、企業規模はあまりこだわりません。

  84. 希望の雇用形態を選択
  85. わたしの場合は、正社員を選択します。

  86. 希望の年収を選択
  87. わたしの場合は、算出した市場価値を参考しながら現職より高めの年収を選択します。

  88. 希望の業種を選択
  89. わたしの場合は、営業職を選択します。

  90. 自信のある職種とキャリアを選択
  91. わたしの場合は、残念ながら特にないので選択しません。

  92. 転職意欲を選択
  93. わたしの場合は、もし良い企業があれば話を聞きたい程度なので、情報収集をしてるだけを選択します。

  94. 転職理由を選択
  95. 現職の中途採用の選択
  96. これはなぜ質問されるのか謎です。

  97. ユーザー登録完了
  98. これでいったんユーザー登録は完了です。
    企業からオファーを受けられる状態になります。
    より詳細な情報を登録したい場合、別途プロフィール情報への入力や、職務経歴書のアップロードが必要です。

  99. 企業からのオファー
  100. 登録の翌日、さっそく確認したところ167社からのオファーがあり、少しテンションがあがりました。
    「え、なんでこの企業から?」と普段想像できないような異業種の有名企業からのオファーもあったので、面白かったです。

ピース
ピース
質問は選択式ですぐ回答できるので、自分の市場価値がどんな感じか興味があれば、一度見てみてください!

「転職の給与交渉におすすめ」まとめ

要点まとめ
  • ミイダスなら、サクッと5分で自分の市場価値がわかるので、興味本位で確認してみるのもアリ
  • ミイダスに登録すると、企業からのダイレクトリクルーティングも期待できる
  • しっかりと転職活動をするなら、「ミイダス」+「転職エージェント」を併用するのがおすすめ
ABOUT ME
ピース
東京の超ホワイト企業で働くアラサーリーマン。ブラック企業から脱出し、ヒマができたのでブログを書きます。趣味のファッションと筋トレに加え、仕事の話などをメインに書いていきます(^o^)
関連記事はこちら