カジュアル

【オアスロウ】ファティーグパンツ(スリムフィット)のサイズ感やコーデをレビュー

こんにちは、ピース(@Peace__Blog)です。

オアスロウのスリムフィットファティーグパンツ(US ARMY SLIM FIT FATIGUE PANTS)が大人のおしゃれメンズたちから大きな人気を集めています。

ピース
ピース
足元がすっきり見えるテーパードシルエットが都会的なキレイめコーデにハマるんです。

今回は、オアスロウのスリムフィットファティーグパンツのディテール、サイズ感、コーデなんかをレビューしたいと思います。

こんな人におすすめ
  • 「オアスロウ」ファティーグパンツ(スリムフィット)のサイズ感や丈感は?
  • 「オアスロウ」ファティーグパンツ(スリムフィット)のコーデを見たい
  • 普通のファティーグパンツとスリムフィットはどう違う?

オアスロウ(orslow)とは?


オアスロウ(orslow)は、2005年創業の日本のデニムブランドです。

ブランドの由来は、「(or)iginalityのある服をゆっくり(slow)吟味し、もの作りする」なんだとか。

デニムの聖地である岡山県児島のジーンズメーカーでキャリアを積んだ仲津一郎氏が生み出すヴィンテージデニムは、とてつもないこだわりのもとつくられています。
 
一貫して「MADE IN JAPAN」にこだわり、企画、パターン、サンプルの縫製まで自社アトリエで行い、アメリカ製の60年代ヴィンテージミシンで1点1点縫い上げられます。

ピース
ピース
手間と時間がかかるため大量生産はできませんが、それがたまらないわけです。

オアスロウは、5ポケットの定番ストレート「105」や、細身のスリムストレート「107」デニムなどが有名ですが、今回紹介するファティーグパンツも定番化しつつあります。

ファティーグパンツとは?


オアスロウのなかでも「105」や、「107」デニムの人気に迫りつつある「ファティーグパンツ(US ARMY FATIGUE PANTS)」ですが、FATIGUE(ファティーグ)って何でしょうか?

FATIGUEというのは、軍隊における「労働、雑役」のことで、軍の料理担当者やパン職人が使用していた説から、別名「ベイカーパンツ」とも呼ばれます。

オアスロウのファティーグパンツは、アメリカ軍の40年代ベイカーパンツをモチーフに、当時と変わらないタフなワーカーパンツが再現されています。

「オアスロウ(orslow)」のファティーグパンツ(スリムフィット)をレビュー


オアスロウ定番のファティーグパンツを現代的なテーパードシルエットに再構築したのが「スリムフィットファティーグパンツ」です。

ヴィンテージの雰囲気を残しながらも、ファティーグパンツを現代風に解釈した傑作といえます。

まずは、スリムフィットファティーグパンツのデザインや、ディテールをレビューしていこうと思います。

テーパードシルエット

最大の特徴は、膝から裾にかけてゆるめにテーパードされたシルエットです。

通常のファティーグパンツよりも、足元に野暮ったさがないスッキリとしたシルエットになるので、大人がよりタウンユースで使いやすいデザインになります。

股上は少し浅めですが、決して子供っぽくならないのはオアスロウ独特の雰囲気がなせるワザですね。

ピース
ピース
大人のキレイめスタイリングに好相性です。

コットン100%のバックサテン生地

綿の糸を朱子織にした生地をコットンサテンといいますが、コットンサテンの裏側を表生地として利用したものをバックサテンと呼びます。
 
バックサテンは、独特の凹凸とクタッとした柔らかな生地感が特徴で、デニムのような経年変化の風合いを楽しみながら履くことができます。

オアスロウのバックサテンは、糸からオリジナルでつくっているのですが、凹凸が横シマに入っており、サラサラとした肌触りでオールシーズン履ける生地になっています。

UNIVERSAL ZIPPERのジップフライ

通常のファティーグパンツはボタンフライですが、スリムフィットファティーグパンツは着脱のしやすさを考慮してジップフライが採用されています。

オリジナルの仕様と異なるので、普通ならガッカリしてしまうところですが、アメリカ最古のジップメーカー「UNIVERSAL ZIPPER」のジップが使われているので、全体の雰囲気を損ないません。

ピース
ピース
くすんだゴールドと「UNIVERSAL」の文字にグッときますね。

ヴィンテージなディテール

ジップのほかにも各パーツにクラシカルなデザインがおとしこまれており、オアスロウのモノづくりへのこだわりが垣間みえます。

当時と変わらない仕様1つ1つのおかげで、ヴィンテージさながらの雰囲気をパンツ全体から感じることができるわけです。

腰のアジェスター

ベルトレスでも履けるので、ワンサイズアップしてもOK。

ベルトループ

生産効率を上げるために中心からずらして縫われたオフセット仕様も当時そのまま。

サイドステッチ

耐久性のある2本針で縫製されたワークシーン対応のタフな仕様。

平ボタン

深いグリーンカラーの平丸型を採用。

フロントポケット

作業性を意識したアイコニックな大きめのフロントポケットももちろんそのまま。

「オアスロウ(orslow)」ファティーグパンツの洗濯方法


ファティーグパンツの洗い方は、自宅の洗濯機で普通に洗ってOKです。

洗いこむほどに、デニムのようなアタリ、色落ち、経年変化を楽しめるのもうれしいところですね。

洗濯機で洗ったあとは、しっかりとシワを伸ばして、吊るしで日影干しすると縮みを抑えることができます。

そのほか、洗濯するうえで注意点もあるので念のため気をつけてください。

  • ほかのものと一緒に洗わない(色落ちする可能性あり)
  • 漂白剤の使用はNG(蛍光漂白剤入りの洗剤もNG)
  • 乾燥機は使わないほうがいい(縮みが大きい)

「オアスロウ(orslow)」ファティーグパンツ(スリムフィット)のサイズ感


次に、スリムフィットファティーグパンツのサイズ感や、丈の長さなどを見ていきましょう。

サイズ表

  • 1(S):ウエスト38、股上27、股下75、わたり30、裾幅18.5(cm)
  • 2(M):ウエスト 40、股上28、股下77、わたり31、裾幅19(cm)
  • 3(L):ウエスト 42、股上29、股下80、わたり32、裾幅19(cm)
  • 4(XL):ウエスト44、股上30、股下84、わたり34、裾幅 20(cm)

わたしは172cm、体重65kgで、「1」サイズを着ています。

わたしの場合、ウエストは適度にゆとりがあってジャストサイズ、丈は裾を2ロールして、ちょうどよい丈感になります。

丈がけっこう長めなので、サイズはウエストであわせて買って、ロールアップして履くのが正解だと思います。

ちなみに、身長172cmだと、ロールアップしていくごとにこんな感じの丈感になります。

ロール無しの丈感

1ロールの丈感

2ロールの丈感

ピース
ピース
2ロールでジャストの丈感ですね。

「オアスロウ(orslow)」ファティーグパンツ(スリムフィット)のコーデ


オアスロウのスリムフィットファティーグパンツは、オールシーズン履けるので、1年中コーデを楽しむことができます。

夏から冬までアウターやトップスを変えながら、わたしのコーデを紹介していますので、少しでも参考になればうれしいです。

スリムフィットファティーグパンツ×Tシャツのコーデ

スリムフィットファティーグパンツ×チェックシャツのコーデ

スリムフィットファティーグパンツ×白シャツのコーデ

スリムフィットファティーグパンツ×テーラードジャケットのコーデ

スリムフィットファティーグパンツ×ダウンベストのコーデ

スリムフィットファティーグパンツ×ステンカラーコートのコーデ

スリムフィットファティーグパンツ×フリースジャケットのコーデ

「オアスロウ(orslow)」の店舗と通販


オアスロウは、直営店をもっておらず、ビームスやフリークスストア、Bshopなどの店舗でセレクトされています。

その他、通販は「アマゾン」や、楽天でも購入することができるので、一度チェックしてみてください。

「オアスロウ(orslow)」ファティーグパンツ(スリムフィット)のレビューまとめ

要点まとめ
  • スリムフィットファティーグパンツは、キレイめコーデと相性抜群
  • サイズはウエストで合わせて、ロールアップして履くのがおすすめ
  • アマゾンや、楽天の通販でも購入可能
ABOUT ME
ピース
東京のホワイト企業で働くアラサーリーマン。ヒマができたのでブログを書きます。趣味のファッションと筋トレに加え、仕事の話などをメインに書いていきます(^o^)
関連記事はこちら