グッズ

【コンバース】チャックテイラーCT70とは?安く買うなら韓国がおすすめ

こんにちは、ピース(@Peace__Blog)です。

日本では売っていないコンバース「チャックテイラーCT70」は知っているでしょうか?

「チャックテイラーCT70」は、日本製のオールスターとは別物で、ヴィンテージライクなデザイン、そして履き心地が最高なんです。

ピース
ピース
知れば知るほどカッコイイので、わたしも韓国で「ベージュ」「ブラック」の2足を買ってきました。

今回は、コンバース「チャックテイラーCT70」の特徴や、サイズ感、正規品を安く買える韓国の店舗を紹介していきます。

こんな人におすすめ
  • コンバース「チャックテイラーCT70」とは?オールスターとどう違う?
  • コンバース「チャックテイラーCT70」のサイズ感が知りたい
  • コンバース「チャックテイラーCT70」はどこで買うのがおすすめ?
created by Rinker
CONVERSE(コンバース)
¥15,800
(2019/10/22 00:17:50時点 Amazon調べ-詳細)

コンバース「チャックテイラーCT70」とは


そもそも「チャックテイラー」とは、1930~1970年代につくられた初期のオールスターのことです。

そのなかでも1970年代のチャックテイラーを復刻したUSA規格のヴィンテージモデルが「CT70」なのです。

「CT70」の由来は、世界初のバスケシューズであるオールスターを広めたバスケットボール選手チャックテイラー(チャールズ・H・テイラー)の頭文字「Chuck Taylor」+「1970S」を組み合わせた略称というわけです。

コンバース「チャックテイラーCT70」が日本で希少な理由


「チャックテイラーCT70」の人気は、日本で手に入りにくいことも影響しています。

日本のコンバースは、伊藤忠商事が設立した「コンバースJAPAN」、日本以外の国はナイキ傘下の「コンバースUSA」がライセンスをもっています。

「コンバースJAPAN」と「コンバースUSA」は資本提携のないまったくの別会社なので、それぞれのコンバースも違う製品なわけです。

そして、「チャックテイラーCT70」を含む、「コンバースUSA」の製品は、伊藤忠商事が厳しくライセンスを管理していて、営利目的で日本に輸入できません。

そのため基本的に日本で購入することはできず、メディア露出も制限されているため、コアなファンを中心に日本での希少性がグンッと高まりました。

ピース
ピース
過去に伊藤忠商事がコンバースUSA製品の輸入を差し止める訴訟を行い、勝訴している経緯があります。

コンバース「チャックテイラーCT70」と「オールスター」の違いと見分け方


では、USA規格の「チャックテイラーCT70」は、日本の「オールスター」と何が違うのか、特徴をみていきましょう。

今回は、わたしが韓国で購入した「チャックテイラーCT70」のローカットと、以前から履いている「日本製オールスター」のハイカットを比べながら違いを比較します。

ピース
ピース
履きつぶしたオールスターがあまりにもボロボロで申し訳ありません。

三ツ星のヒールパッチ


まず「チャックテイラーCT70」と「オールスター」の一番わかりやすい違いはヒールパッチのデザインです。

「チャックテイラーCT70」のヒールパッチは、ブラックで、3つの星が横に並ぶ、当時のデザイン「三ツ星」のヒールパッチです。

日本のオールスターと差別化できるので、このヒールパッチのために「チャックテイラーCT70」を履く人も多いと思います。

縦長のシャープな見た目


「チャックテイラーCT70」はトゥ部分のラバー面積がせまく、ややアーモンド型にとがっています。

さらに、日本のオールスターとはラスト(木型)が異なり、ワイズ(横幅)の幅が狭いため、長細くシャープな見え感になります。

光沢のある黄身がかったラバー


「チャックテイラーCT70」のトゥやアウトソールまわりのラバーは光沢があり、黄身がかったクリーム色のカラーになっています。

この仕様がヴィンテージ感を漂わせ、日本のオールスターとは一線を画す雰囲気を醸し出すわけです。

また、ラバー部分はコーティングされているので汚れがつきにくいというメリットもあります。

コットン100%のシューレース


日本のオールスターのシューレースはアクリル素材ですが、「チャックテイラーCT70」はコットン100%です。

コットン独自のふっくらとした風合いによって、味わい深いヴィンテージな雰囲気がさらに高まります。

ハトメ(シューレースホール)がアルミ


「チャックテイラーCT70」ではハトメに光沢感のあるアルミ素材を使っています。

日本のオールスターは、マットな質感のハトメになっていますが、こういう細かいディテールの違いも男心をくすぐります。

ヘビーウェイト生地のタフボディ


日本のオールスターは12オンスの生地ですが、「チャックテイラーCT70」は、デニムと同じ14オンスの生地を使っているので、厚手で丈夫です。

くわえて「チャックテイラーCT70」には、サイドステッチが入ることで、破れやすい親指と小指部分を補強しています。

そのため、ガシガシ履き込んでも生地が破れたりすることなく、長く履ける仕様になっています。

クッション性に優れたインソール


デザインだけでなく、履き心地にも大きな違いがあり、「チャックテイラーCT70」のほうが圧倒的にインソールのクッション性に優れています。

カップインソールになっているので、インソールを取り外してみると履き心地のよさの秘密がわかります。

ググっと体重をかけると足が沈み込んでいくのがわかるレベルでクッションが効いているので、長時間履いても疲れません。

アウトソールが厚い


さらに、アウトソールも日本のオールスターに比べて5mm厚い仕様です。

オールスターのアウトソールの厚みは2cmですが、「チャックテイラーCT70」は2,5cmもあります。

インソールだけでなく、アウトソールでもクッション性を追求しているので、とにかく歩いていて疲れない仕様になっているわけです。

ピース
ピース
さすがナイキのグループ企業だけあって、もはやローテクスニーカーの域を超えています。

トゥの反り返りが大きい


歩きやすい理由はもう一つあって、日本のオールスターよりもトゥの反り返りが大きいのです。

つま先が地面にひっかかることがなく、歩きやすいというわけです。

コンバース「チャックテイラーCT70」のサイズ感


「チャックテイラーCT70」のサイズ感は、履きなれた日本規格のオールスターと変わりありません。

わたしは革靴のサイズでいうと25cmくらいですが、スニーカーはほんのちょっと大きめに履きたいので、26cmを選んでいます。

ワイズがやや狭い「チャックテイラーCT70」でも例外なく、「US7.5/26cm」のサイズでちょうどよい感じです。

コンバース「チャックテイラーCT70」のコーデ


参考にわたしの「チャックテイラーCT70」のコーデをいくつかのせてみます。

どんなコーデにも合うのが、「チャックテイラーCT70」のよいところですが、オーバーシルエットのトップスに、コンパクトボトムを合わせるのが今の気分です。

ピース
ピース
身長172cmのわたしが26cmの「CT70」を履くとこんなサイズバランスになります。

「チャックテイラーCT70」×「白Tシャツ」

「チャックテイラーCT70」×「チェックシャツ」

「チャックテイラーCT70」×「プルオーバーパーカー」

コンバース「チャックテイラーCT70」の偽物に注意


「チャックテイラーCT70」は、プレミアがついて価格が高騰したため、偽物も多く出回っています。

古着店での購入や、フリマアプリでも購入店舗が不明確な場合は危険なので、注意が必要です。

では、どこで買えばよいかというと、アマゾンの信頼できるショップや、海外の正規店で買うことをおすすめします。

コンバース「チャックテイラーCT70」は韓国で買うと安い


「チャックテイラーCT70」の正規品を安く買うなら、韓国が一番おすすめです。

海外サイトやフリマアプリの半額程度で買えるので驚きます。

韓国でも露店などで偽物が出回っていますが、コンバースの正規ショップで買えば間違いありません。

個人輸入ではありますが、商用目的でなく自分で履く分にはもちろんOKです。

  • 自分で履くために個人輸入:OK
  • 転売のために個人輸入:NG

韓国のおすすめ店舗「コンバース明洞(ミョンドン)店」


なかでもわたしのおすすめは、「コンバース明洞(ミョンドン)店」です。

もちろんコンバースの正規店なので安心ですし、フラッグシップの路面店なのでカラバリやサイズもかなり豊富です。

日本語ができるスタッフも多く、レジでタックスリファンド(免税)用のレシートも自動で出てくるので、安心感があります。

ピース
ピース
日本人観光客が多いせいか、スタッフもかなり慣れています。

「コンバース明洞(ミョンドン)店」の店舗情報

  • 営業時間:11:00~21:30
  • 休業日:年中無休
  • 住所:ソウル特別市 中区 明洞2街 51-17
  • 最寄り駅:地下鉄4号線明洞(ミョンドン)駅 6番出口から徒歩3分

「チャックテイラーCT70」のカラーバリエーション


「コンバース明洞(ミョンドン)店」なら、「ホワイト」「ブラック」の定番カラーから、「サンフラワー」「ライラック」「アマゾングリーン」など人気カラーのカラバリまで豊富です。

サイズもほとんど欠品がなくて、わたしも一緒に行った友人もマイサイズを問題なく購入できました。

ピース
ピース
さすが路面店という感じで、在庫は豊富にある感じです。

「チャックテイラーCT70」はどれくらい安いのか


販売価格は、ローカットもハイカットも海外サイトやフリマアプリで買う場合の約半額で買えます。

コンバース「チャックテイラーCT70」ローカットの価格

コンバース「チャックテイラーCT70」ハイカットの価格

「チャックテイラーCT70」の販売価格(全カラー同じ)

  • ローカット:89,000ウォン(日本円で約8,455円)
  • ハイカット:92,000ウォン(日本円で約8,740円)

※日本円価格は、わたしが韓国に旅行した2019年7月時点のレートで換算しています

ピース
ピース
さらにタックスフリーなので、税金分が返ってくるのは最高にうれしいですね。

韓国に安く旅行するなら「エクスペディア」


「チャックテイラーCT70」は、アマゾンでも買えますが、コンバース明洞店のほうが圧倒的に安いので、韓国旅行も検討してみてください。

とはいえ、旅費が高くては意味がないので、一度「エクスペディア」をチェックしてみるのがおすすめです。

「エクスペディア」がとにかく安い理由

  1. 世界最大規模の旅行サイトなので、安いプランが豊富(世界3万都市のホテル約50万件と、約400社の航空会社と提携)
  2. 航空券とホテルを同時予約すると、ホテル代が最大タダになるAIR割がある
  3. 定期的に発行されるエクスペディアクーポンを使うと、ホテルが8~10%OFFになる
  4. エクスペディアでホテル予約後、24時間以内に同じホテルをより安い金額で予約できるサイトを見つけた場合、差額の2倍を返金(上限20,000円)
ピース
ピース
もし、日帰りではなく1泊以上で行くなら、「エクスペディア」が絶対安いです。

韓国は、日本から2時間半、「日帰りの航空券だけなら1万円代~」、「1泊してホテル代を入れても2万円代~」で行けちゃうので、わたしも週末にサクッと行ってきました。

「コンバース」チャックテイラーCT70とは?まとめ

要点まとめ
  • 1970年代のチャックテイラーを復刻したヴィンテージモデルが「CT70」
  • 日本で買えない希少性と、ヴィンテージライクなデザイン、履き心地が人気の秘密
  • 「チャックテイラーCT70」の正規品を安く買うならコンバース明洞店がおすすめ
【韓国(ソウル)で買い物】メンズにおすすめの服、靴、コスメの店舗を紹介こんにちは、ピース(@Peace__Blog)です。 日本から2時間半、タイミングによっては1万円代で行ける韓国は、メンズにとって...
【スニーカー】メンズに人気の通勤スニーカー「おすすめブランド4選」こんにちは、ピース(@Peace__Blog)です。 スポーツ庁の「FUN+WALK PROJECT(歩きやすい通勤プロジェクト)...
ABOUT ME
ピース
東京のホワイト企業で働くアラサーリーマン。ヒマができたのでブログを書きます。趣味のファッションと筋トレに加え、仕事の話などをメインに書いていきます(^o^)
関連記事はこちら