カジュアル

「ウォルシュ(walsh)」スニーカーの評判は?コーデとサイズ感をレビュー

こんにちは、ピース(@Peace__Blog)です。

気になっていた「ウォルシュ(walsh)」のスニーカー「エンサイン(Ensign)」を買ってみました。

2,5000円と決して安い買い物ではありませんでしたが、他の人とかぶらない大人のおしゃれスニーカーって感じが最高ですね。

ピース
ピース
次のニューバランスじゃないかと思っています。

ウォルシュ(walsh)の特徴

  • トラディショナルな雰囲気
  • 1961年創業の老舗メーカー
  • Made in England
  • オールハンドメイド

今回は、ウォルシュってどんなスニーカーがあるのか?実際に履いてみたサイズ感、履き心地、コーデはどうか?などをレビューしていきます。

こんな人におすすめ
  • ウォルシュのスニーカーはどんな種類がある?
  • ウォルシュのスニーカーのサイズ感は?
  • ウォルシュ「Ensign」のコーデが見たい
created by Rinker
Walsh(ウォルシュ)
¥26,400
(2019/10/22 04:21:43時点 Amazon調べ-詳細)

ウォルシュ(walsh)とは?


ウォルシュ(walsh)は、1961年にイギリスで創業した「Norman Walsh Footwear(ノーマン・ウォルシュ・フットウエア)」社のブランドです。

創業者のノーマン・ウォルシュ氏は、14歳から靴職人となり、3年後の1948年にはイギリスオリンピックチームの靴を手がけるほどの天才靴職人として知られています。

ウォルシュのシューズは、マラソン、クリケット、フットボールなどあらゆるフィールド競技で使用され、イギリスを代表するスポーツシューズメーカーに成長しました。

事業が拡大した現在でも、すべてのシューズがイギリスの小さな工場でハンドメイドされ、縫製から梱包まで人の手で丁寧に行われるこだわりようです。

ピース
ピース
すべての靴をたった10人の職人でつくっています。

ウォルシュのスニーカーは、日本ではまだあまり知られていませんが、シップスやマーガレットハウエルとのコラボなどで少しずつ認知されはじめています。

「ウォルシュ(walsh)」スニーカーのおすすめモデル


ウォルシュのスニーカーのなかでも定番のおすすめモデル5つを簡単に紹介していきます。

TORNADO(トルネード)


「TORNADO」はウォルシュの大定番モデルで、1983年のロンドンマラソンで上位入賞者が履いていたスニーカーです。

また、ノーマン・ウォルシュ氏の一番お気に入りのモデルといわれ、価格も比較的安いのでエントリーモデルとしておすすめです。

TORNADO(トルネード)のスペック

  • 定価:18,000円(税別)
  • サイズ:UK3 – UK10 / 22.5cm – 28.5cm
  • 素材:ナイロン×スエード×PVC
  • 重さ:片足約230g
created by Rinker
Walsh(ウォルシュ)
¥19,440
(2019/10/22 04:21:41時点 Amazon調べ-詳細)

TORNADO(トルネード)17


「TORNADO 17」は、「TORNADO」をさらにシンプルに、そしてファッションに馴染むように改良されたモデルです。

シックなので、ボトムを選ばないタウンユース向きのデザインになっています。

TORNADO(トルネード)17のスペック

  • 定価:18,000円(税別)
  • サイズ:UK3 – UK10 / 22.5cm – 28.5cm
  • 素材:ナイロン×スエード×PVC
  • 重さ:片足約240g
created by Rinker
Walsh(ウォルシュ)
¥19,800
(2019/10/22 06:24:33時点 Amazon調べ-詳細)

Ensign(エンサイン)


「Ensign」は、1981年のニューヨークマラソンに参加するランニングチーム用に開発され、おそらく一番人気のあるモデルではないでしょうか。

わたしも「Ensign」を購入しましたが、超軽量ボディ+トラッドスタイルと相性抜群なので通勤などにおすすめです。

Ensign(エンサイン)のスペック

  • 定価:24,000円(税別)
  • サイズ:UK3 – UK10 / 22.5cm – 28.5cm
  • 素材:ナイロン×スエード×PVC
  • 重さ:片足約200g
created by Rinker
Walsh(ウォルシュ)
¥26,400
(2019/10/22 04:21:42時点 Amazon調べ-詳細)

Voyager(ボイジャー)


1980年代カタログより復刻された「Voyager」は、「TORNADO」を改良した軽量のランニング特化モデルです。

ランニングモデルですが、ローテク感満載の細身のシルエットで、Ensign同様にコーデしやすいデザインだと思います。

Voyager(ボイジャー)のスペック

  • 定価:20,000円(税別)
  • サイズ:UK4 – UK9 / 23.0cm – 28.0cm
  • 素材:ナイロン×スエード×PVC
  • 重さ:片足約215g
created by Rinker
Walsh(ウォルシュ)
¥22,000
(2019/10/22 05:41:32時点 Amazon調べ-詳細)

LA’84


「LA’84」は、1984年のアメリカオリンピックに出場するイギリス代表選手のため開発されたモデルです。

多目的のロードランニングモデルなので、日頃のちょっとした運動にもよいかもしれません。

LA’84のスペック

  • 定価:24,000円(税別)
  • サイズ:UK3 – UK10 / 22.5cm – 28.5cm
  • 素材:ナイロン×スエード×PVC
  • 重さ:片足約200g
created by Rinker
Walsh(ウォルシュ)
¥26,400
(2019/10/22 07:22:53時点 Amazon調べ-詳細)

「ウォルシュ(walsh)」のスニーカー「Ensign(エンサイン)」レビュー


では、わたしが購入したスニーカー「Ensign(エンサイン)」をレビューしていきます。

トラディショナルなアッパー

同系色のベロアとナイロンコンビがかなり大人っぽくて上品に仕上がっています。

サイドとシュータンのブリティッシュロゴもトラディショナルな感じで好きです。

細身のパンツとよく合うフォルム

横幅が小さく、甲が低く、少し長めのノーズというのがスマートな印象を生みます。

革靴のフォルムに通じるところがあるので、細身のパンツやスラックスと相性が良いですね。

ピース
ピース
オフィスカジュアルや通勤でも間違いなく使いやすいと思います。

疲れにくいソール

アウトソールはVibram社のウレタンソールで、グリップ力が抜群です。

歩くたびにつま先のあたりが跳ね返ってくるような弾力感もクセになります。

くわえて、ミッドソールは衝撃吸収に優れたEVAソールなので、足の負担が小さく長時間歩いても疲れにくいと思います。

フィッティングが最高

かかとが安定するようにヒールカップはけっこう高めです。

さらに取り外し可能なインソールもかかとのフィッティングを高めるために立体的な設計になっています。

また、シューホールは樹脂製のD缶になっていて、紐をアジャストしやすいので、足とスニーカーが一体になるような感覚を味わえます。

紐を引っ張るだけで簡単に調整可能なスピードレーシングシステムと呼ばれる仕様です。

ピース
ピース
足とスニーカーの間に隙間ができません。

靴がものすごく軽い

ウォルシュのスニーカーはランニングシューズのなかでも徹底的に軽量化にこだわっています。

特に「Ensign」は、片方約200gしかないので、初めて履く人は衝撃を受けるかもしれません。

ピース
ピース
200gだと一般的なスニーカーの半分以下の重さなので、かなり軽快です。
created by Rinker
Walsh(ウォルシュ)
¥26,400
(2019/10/22 04:21:42時点 Amazon調べ-詳細)

「ウォルシュ(walsh)」スニーカーのサイズ感


次に、ウォルシュのサイズ感ですが、全長に対し、横幅(ワイズ)がかなりタイトフィットです。

わたしは足のサイズが25cmなので、ちょっと余裕をもって「7サイズ(25.5~26cm)」を購入しましたが、横幅は完全にジャストでトゥに少し余裕があるというサイズ感です。

アッパーがスエードとナイロンなので多少は足に合わせて伸びると思いますが、それでもメーカー推奨サイズよりワンサイズ大きめを買ったほうがいいと思います。

サイズ表(メーカー推奨サイズ)

  • 3:22.5~23cm
  • 4:23~23.5cm
  • 5:24~24.5cm
  • 6:24.5~25cm
  • 7:25.5~26cm
  • 8:26.5~27cm
  • 9:27.5~28cm
  • 10:28.5~29cm
  • 11:29~29.5cm

「ウォルシュ(walsh)」スニーカーのコーデ


ウォルシュのスニーカーは、コンパクトなフォルムなので細めのパンツと相性がよいです。

セットアップスーツや、オフィスカジュアルで使えるスラックス、デニムなんかのキレイめパンツとあわせるのがおすすめなので、わたしのコーデを紹介してみます。

ウォルシュ(walsh)のスニーカー「Ensign(エンサイン)」×スラックスコーデ

ウォルシュ(walsh)のスニーカー「Ensign(エンサイン)」×ジャケパンコーデ

ウォルシュ(walsh)のスニーカー「Ensign(エンサイン)」×セットアップスーツコーデ

ウォルシュ(walsh)のスニーカー「Ensign(エンサイン)」×チノパンコーデ

ウォルシュ(walsh)のスニーカー「Ensign(エンサイン)」×デニムコーデ

「ウォルシュ(walsh)」スニーカーの評判

日本ではあまり認知されていないウォルシュですが、見た目、履き心地から「コレはくる!」と気づいている人は気づいています。

SNS上の評判をちょっとピックアップしていきます。

この投稿をInstagramで見る

【白スニーカー】 @walsh_jp 履いていた白スニーカーがボロボロになっていて、そろそろ履き替えようかなって思っていた矢先、、巡り会いましたw . ウォルシュの白スニーカー! . 仕事柄スーツやセットアップを着る事が多いですが、ファッション的に少し“外し”が欲しい時に最高です . MIS @mis_calif_jpn のトートバッグは程よい大きさで、PCはもちろんだけどジムに行く為のウェアも持ち運べちゃう👍 . . #walsh#walsh_jp#MIS#MIS_calif_jpn#sneaker#white#totebag#exhibition#cool#stylish#shoes#coordinate#fashion#ウォルシュ#白スニーカー#トートバッグ#ファッション#コーディネートオシャレ#オシャレさんと繋がりたい#followme

Akio Yanagidani〜柳谷昭雄〜さん(@akio_yanagidani)がシェアした投稿 –

ピース
ピース
なんか日本でも流行っちゃいそうですよね?
created by Rinker
Walsh(ウォルシュ)
¥26,400
(2019/10/22 04:21:43時点 Amazon調べ-詳細)

Amazonで、お得にお買い物

Amazonで「ウォルシュのスニーカー」を買うなら、Amazonギフト券にお金をチャージ(入金)してから購入するのがお得です。

チャージするたびに「チャージ金額×最大2.5%分」のAmazonポイントが貯まるので、Amazonユーザーなら活用しない手はありません。

>>Amazonギフト券をお得にチャージする

「ウォルシュ(walsh)」スニーカーのレビューまとめ

要点まとめ
  • トラッドスタイルやキレイめパンツに相性が良い
  • 横幅(ワイズ)が少し小さめなのでワンサイズアップがおすすめ
  • 超軽量で、クッション性が高いので歩きやすい
【スニーカー】メンズに人気の通勤スニーカー「おすすめブランド4選」こんにちは、ピース(@Peace__Blog)です。 スポーツ庁の「FUN+WALK PROJECT(歩きやすい通勤プロジェクト)...
【ニューバランス996(グレー)】通勤に一番おすすめなのでレビューこんにちは、ピース(@Peace__Blog)です。 正直いうと、大学生くらいまでニューバランスっておじさん臭くてダサいと思ってい...
ABOUT ME
ピース
東京のホワイト企業で働くアラサーリーマン。ヒマができたのでブログを書きます。趣味のファッションと筋トレに加え、仕事の話などをメインに書いていきます(^o^)
関連記事はこちら