サプリ

【プロテインシェイカー】おすすめの大容量&小さめサイズをレビュー

こんにちは、ピース(@Peace__Blog)です。

ピース
ピース
わたしはプロテインシェイカーを「大容量サイズ3個」と「小さめサイズ3個」の計6個もっています。
ミー子
ミー子
買いすぎじゃない?

大容量タイプは、BCAAや、マルトデキストリンを入れてジムに持っていきますし、小さめタイプは家でプロテインを飲むために使用しています。

6個も買ったものの、正直いって「当たり」と「ハズレ」のプロテインシェイカーがありました。

みなさんには「ハズレ」を引いてもらいたくないため、大容量サイズ、小さめサイズごとに、それぞれランキング形式でレビューします。

みなさんのプロテインシェイカー選びの参考になれば幸いです。

わたしのもっているプロテインシェイカー

    大容量サイズ(700~1,000ml)

  • MY PROTEIN(マイプロテイン)シェイカー 700ml
  • MusclePharm(マッスルファーム)ライトシェーカーボトル 1,000ml
  • HALEO(ハレオ)サイクロンシェイカー 750ml
  • 小さめサイズ

  • Kentai(ケンタイ)プロテインシェーカー 500ml
  • SAVAS(ザバス)プロテインシェーカー 500ml
  • MAN Sports(マンスポーツ) ショーティーシェイカー 500ml

こんな人におすすめ
  • プロテインシェイカー選びで失敗したくない
  • プロテインシェイカーを選ぶポイントが知りたい
  • おすすめのプロテインシェイカーは?

プロテインシェイカーの選び方


まず、わたしが実際に6個のプロテインシェイカーを使ってみて感じるプロテインシェイカー選びのポイントについて説明します。

洗いやすい

プロテインシェイカーは使うたびに洗う必要があるので、つくりがシンプルな洗いやすいタイプを選ぶのがおすすめです。

スポンジを入れて洗いにくい形状や、無駄なパーツが多いものは、洗うたびにストレスが溜まるため避けたほうがよいです。

さらに衛生面からもキレイに洗えるプロテインシェイカーのほうがよいといえます。

ピース
ピース
そんなの大丈夫と思っていても、みんな口を揃えて、あとから後悔するんです。

用途にあったサイズ容量

ジムで筋トレ中に水分補給するために使うのか、家でプロテインを飲むために使うのかによって、必要な容量が変わってきます。

自分がジムでいつもどれくらいの水分をとるのか、プロテインならどれくらいの水を使うのか、個人によって異なるので過不足ないサイズを選びましょう。

ピース
ピース
わたしの場合は、ジムでBCAAやマルトデキストリンを溶かして飲むときは水700~900ml、自宅でプロテインを溶かして飲むときは水200~250ml程度です。

大は小を兼ねるとはいうものの、大きすぎれば持ち運びにかさばりますし、洗うのが面倒になるので適量サイズがおすすめです。

目盛りが見やすい

ジムでBCAAやマルトデキストリンを飲むとき、家でプロテインを飲むとき、どれくらいまで水を入れるか目盛りを見て測りますが、このとき目盛りが見にくいと結構ストレスになります。

これが目盛りが見やすいプロテインシェイカーです。

これが目盛りが見にくいプロテインシェイカーです。

できるだけ目盛りが見やすいプロテインシェイカーを選びましょう。

用途にあった飲み口

ジムで筋トレ中の水分補給用なら飲み口にキャップの付いた細口タイプ、家でプロテインを飲むためならスクリュー式のフタがついた広口タイプがおすすめです。

これが飲み口にキャップの付いた細口タイプです。

これがスクリュー式のフタがついた広口タイプです。

ジムでフタがついた広口タイプのプロテインシェイカーを使って水分補給していると、飲むたびにスクリュー式のフタの開け閉めが必要なので、フタについたドリンクが床に垂れてしまいます。

ミー子
ミー子
それ迷惑だね。
ピース
ピース
フタタイプのプロテインシェイカーは、飲みきりの時のみ使いましょう。

ボールよりもメッシュ

大容量のプロテインシェイカーの場合、サプリのパウダーがダマなく混ざるように、付属パーツとしてボールかメッシュがついてきます。

ボールはこれです。

メッシュはこれです。

わたしは、普段ボールもメッシュも使っていませんが、大量のパウダーを一気に溶かしたり、溶けにくいパウダーを溶かす場合に使用が推奨されています。

もし使うのであれば、ボールよりもメッシュのほうが、使用後にスポンジで洗いやすいので、メッシュがついてくるタイプをおすすめします。

ちなみにわたしが飲んでいる「プロテイン」「BCAA」「マルトデキストリン」は、ボールやメッシュを使わなくてもダマにならないので、おすすめです。

【プロテイン】ゴールドスタンダードの味と飲み方をレビューしますピース(@Peace__Blog)です。 体づくりにタンパク質が必須というのは、よく知られていると思います。 その量ですが、...
【エクステンドBCAA】おすすめの味ランキングと飲み方、効果をレビューピース(@Peace__Blog)です。 といっても過言ではない大人気BCAAの「エクステンド」ですが、味がたくさんあって...
【カーボドリンクとは?】ガリガリは筋トレにマルトデキストリンがおすすめこんにちは、ピース(@Peace__Blog)です。 男性でガリガリの人は、「太りたい」「体を大きくしたい」という悩みを解消するた...

安い

プロテインシェイカーは消耗品なので、そこまで高いものを買う必要はありません。

プロテインがダマにならず混ざりやすいなど、ハイスペックがウリのプロテインシェイカーもありますが、正直大きな差はないように思います。

つくりがシンプルで、高くても1,000円以内に収まるような、できるだけ安いものがおすすめです。

大容量プロテインシェイカーのおすすめ商品をレビュー


大容量プロテインシェイカーとは、ジムでの水分補給や、持ち運びに便利な700ml以上のプロテインシェイカーです。

わたしが持っている大容量サイズのプロテインシェイカーをランキング形式でレビューしていきます。

【1位】MY PROTEIN(マイプロテイン)シェイカー 700ml


1位は、「MY PROTEIN(マイプロテイン)シェイカー 700ml」です。

つくりが必要最低限のシンプル設計で、使い勝手がよく、目盛りも見やすいです。

フタもかなり洗いやすい構造です。

一応メッシュも付属していますが、わたしが飲んでいるサプリは、使わなくてもBCAAもプロテインも問題なく溶けるので、使っていません。

また、わたしは一回の筋トレで700mlあれば最低限の水分が確保できるので、持ち運びしやすいのもポイントです。  

ピース
ピース
気づけば多用しています。

「MY PROTEIN(マイプロテイン)シェイカー 700ml」

  • シンプルイズベスト
  • 高コスパで洗いやすい
  • ジムで水分補給するときに700mlで足りる人ならこれ一択

このマイプロテインのプロテインシェイカーはカラーが変更になっており、現在はライトブルーです。

created by Rinker
MYPROTEIN
¥669
(2019/05/21 20:22:09時点 Amazon調べ-詳細)

【2位】MusclePharm(マッスルファーム)ライトシェーカーボトル 1,000ml

2位は、「MusclePharm(マッスルファーム)ライトシェーカーボトル 1,000ml」です。

こちらもつくりはシンプルで、デザインもかなりカッコイイのですが、飲み口のキャップが固くて開けにくいのが難点です。

ピース
ピース
個体差があるのかもしませんが、大人の男性でも開けるのに少々苦労するレベルです。

あと目盛りが少し見にくいです。

メッシュが付属しています。

デザインはカッコイイのですが、「マイプロテインのプロテインシェイカー」に比べると、使い勝手に劣り、現在は2番手です。

なお、現在はアマゾンやアイハーブで販売していないようでした。

「MusclePharm(マッスルファーム)ライトシェーカーボトル 1,000ml」

  • デザインはかなりカッコイイ
  • つくりはシンプルで洗いやすい
  • フタが固すぎて、使い勝手がよくない

【3位】HALEO(ハレオ)サイクロンシェイカー 750ml


3位は、「HALEO(ハレオ)サイクロンシェイカー 750ml」です。

シェイカーの底面とフタが特殊な構造になっており、シェイクすると水流がサイクロン状になるため、ボールやメッシュなしでも、パウダーが混ざりやすいという特徴があります。

ピース
ピース
確かにパウダーがダマにならず混ざりやすいと思います。

しかし、底面とフタがボコボコしており、とにかく洗いにくいのです。

あと、他のプロテインシェイカーに比べてフタのしまりがやや弱く、不安な感じがします。

ちなみに目盛りはこんな感じで、やや見にくいです。

わたしの場合、とにかく洗うのが億劫になってしまい、出番が減りましたが、ボールやメッシュなしで、パウダーをしっかり混ぜたい人にはよいかもしれません。

「HALEO(ハレオ)サイクロンシェイカー 750ml」

  • デザインはクリアボディでカッコイイ
  • ボールやメッシュがなくてもパウダーが混ざりやすい
  • 構造上、洗いにくいのが最大のネックで、フタのしまりが少し弱い
created by Rinker
HALEO
¥1,851
(2019/05/21 20:22:10時点 Amazon調べ-詳細)

小さめプロテインシェイカーのおすすめ商品をレビュー


続いて、自宅でプロテインを飲むときに便利な500mlの小さめサイズのプロテインシェイカーです。

わたしが持っている小さめプロテインシェイカーをランキング形式でレビューしていきます。

【1位】Kentai(ケンタイ)プロテインシェーカー 500ml

1位は、「Kentai(ケンタイ)プロテインシェーカー 500ml」です。

これ以上ないくらいにシンプルなつくりなので、使い勝手がよく、洗いやすく、さらにコスパに優れています。

プロテイン用にシェイカーを探しているならこれ一択といってもいいでしょう!

フタもスポンジでササッと洗える構造です。

目盛りが赤字なので、かなり見やすいです。

目盛りは、400mlまでしかありませんが、わたしはプロテインを飲むとき、だいだい水200~250mlなので十分です。

ピース
ピース
その分カップが小さめで洗いやすくなります。
ミー子
ミー子
どんだけめんどくさがりなの?

唯一の難点は、フタが白いので、やや汚れが目立つところでしょうか。

フタの目の中が汚れてくるので、たまにスポンジを使って、目にそうように洗うと汚れがとれます。

「Kentai(ケンタイ)プロテインシェーカー 500ml」

  • 「シンプルイズベスト」使いやすくて、洗いやすくて、安い
  • プロテインを飲むとき、400ml以内の水で問題泣ければ、これ一択
  • フタが白いので、たまにサイドの目の部分をスポンジで洗う必要がある
created by Rinker
Kentai(健康体力研究所)
¥294
(2019/05/21 20:22:10時点 Amazon調べ-詳細)

【2位】SAVAS(ザバス)プロテインシェーカー 500ml


2位は、「SAVAS(ザバス)プロテインシェーカー 500ml」です。

おそらく日本で最もメジャーなプロテインシェーカーではないでしょうか。

「Kentai(ケンタイ)プロテインシェーカー」同様に、シンプルなつくりで、使い勝手がよく、コスパに優れています。

しかし、2位となる理由は、「Kentai(ケンタイ)プロテインシェーカー」と比べると、カップのサイズが大きく洗いやすさでやや劣る点と、目盛り透明なので、少し見にくくなる点が減点ポイントです。

目盛りが500mlまでしっかりとあるので、たくさんの水でプロテインを飲みたい人は「SAVAS(ザバス)プロテインシェーカー」のほうがよいかもしれません。

フタは赤色なので、白に比べると汚れは目立ちません。

「SAVAS(ザバス)プロテインシェーカー 500ml」

  • シンプルなつくりで、使い勝手がよく、コスパも優秀
  • カップのサイズが大きめなので、やや洗いにくい
  • たくさんの水でプロテインを飲みたい人におすすめ
created by Rinker
SAVAS(ザバス)
¥320
(2019/05/21 20:22:11時点 Amazon調べ-詳細)

【3位】MAN Sports(マンスポーツ) ショーティーシェイカー 500ml


3位は、「MAN Sports(マンスポーツ) ショーティーシェイカー 500ml」です。

とにかくデザインがカワイくて買ったのですが、使い勝手が悪くてもうほとんど使っていません。

小さめサイズのプロテインシェイカーでありながら、飲み口がキャップの付いた細口タイプなので洗いにくいです。

さらに、このサイズでは絶対に使わないであろう、メッシュも付属されているのが謎です。

追い打ちをかけるように、カップにしっかりと色が入っているので、目盛りが見にくく、中に水を入れてもどこまで入っているのか外側からわかりにくいのです。

ピース
ピース
「MAN Sports(マンスポーツ)」はすでに廃版になっているのですが、廃版になったのもなんとなくわかるような気がします。

小さめサイズのシェイカーを選ぶときは、広口のフタタイプをおすすめします。

「MAN Sports(マンスポーツ) ショーティーシェイカー 500ml」

  • デザインがアメリカっぽくてカワイイ
  • 飲み口がキャップの付いた細口タイプなので洗いにくい
  • 目盛りがかなり見にくい
Amazonで、お得にお買い物

Amazonで「プロテインシェイカー」を買うなら、Amazonギフト券にお金をチャージ(入金)してから購入するのがお得です。

チャージするたびに「チャージ金額×最大2.5%分」のAmazonポイントが貯まるので、Amazonユーザーなら活用しない手はありません。

>>Amazonギフト券をお得にチャージする

まとめ

要点まとめ
  • プロテインシェイカーは、ジムでの水分補給用や自宅でのプロテイン用など、用途別にサイズ容量を選ぶ
  • プロテインシェイカーは、「シンプルイズベスト」で、使い勝手のいいデザインでコスパの高いシェイカーを選ぶ
  • 洗いやすいプロテインシェイカーは、ストレスが少ないのでおすすめ

一番おすすめの大容量プロテインシェイカーは、「MY PROTEIN(マイプロテイン)シェイカー 700ml」

created by Rinker
MYPROTEIN
¥669
(2019/05/21 20:22:09時点 Amazon調べ-詳細)

一番おすすめの小さめプロテインシェイカーは、「Kentai(ケンタイ)プロテインシェーカー 500ml」

created by Rinker
Kentai(健康体力研究所)
¥294
(2019/05/21 20:22:10時点 Amazon調べ-詳細)

ABOUT ME
ピース
東京の超ホワイト企業で働くアラサーリーマン。ブラック企業から脱出し、ヒマができたのでブログを書きます。趣味のファッションと筋トレに加え、仕事の話などをメインに書いていきます(^o^)
関連記事はこちら