サプリ

【ザバス(savas)ミルクプロテイン】効果や糖質、おすすめの味レビュー

こんにちは、ピース(@Peace__Blog)です。

ザバス(savas)は、明治が販売する国内売上No.1のプロテインブランドです。

パウダータイプの海外製プロテインに比べるとタンパク質量はやや少ないものの、紙パックの手軽さはうれしいポイントです。

ピース
ピース
紙パックならシェイカーや水を用意する必要がないので、仕事中でも手軽にタンパク質を補給できます。

わたしもオフィスでザバス(savas)ミルクプロテインを結構飲んでいますが、あらためて全4種類の味を買ってみました。

また、ザバス(savas)ミルクプロテインは、「200ml」サイズと「430ml」サイズで、成分や味が全然違うので、注意が必要です。

今回は、ザバス(savas)ミルクプロテイン「200mlサイズ」の成分や、全4種類の味についてレビューしていきます。

こんな人におすすめ
  • 「ミルクプロテイン」って何?効果は?
  • ザバス(savas)ミルクプロテイン「200ml」と「430ml」の違いは?
  • ザバス(savas)ミルクプロテインのおすすめの味は?

ザバス(savas)ミルクプロテインとは

https://www.meiji.co.jp/milk-protein/property/article-1.html

そもそもミルクプロテインとは、牛乳や乳製品に多く含まれる乳(にゅう)由来のタンパク質です。

つまり、ミルクプロテインはソイプロテインなどの植物性タンパク質ではなく、動物性タンパク質に大別され、筋肉を大きくするために効果的といえます。

なお、ミルクプロテインの中身は、80%が「カゼインプロテイン」、20%が「ホエイプロテイン」という成分構成です。

ミルクプロテインの効果

ミルクプロテインは、体への吸収スピードの遅い「カゼインプロテイン」と、吸収スピードが速い「ホエイプロテイン」の2つのタンパク質が混在しています。

カゼインプロテインの割合のほうが大きいため、どちらかというと体にゆっくりと吸収される性質が強いです。

ミルクプロテインを飲むタイミング

吸収スピードが速いホエイプロテインは筋トレ直後が最適ですが、吸収スピードの遅いカゼインプロテインはゆっくり体に吸収させたいときにおすすめです。

そのため、ミルクプロテインを飲むタイミングは、日中や、夜寝る前がベストになります。

ピース
ピース
タンパク質をこまめに摂取できない仕事中や、夜寝る前にぴったりです。

ザバス(savas)ミルクプロテイン「200ml」サイズの成分

では、ザバス(savas)ミルクプロテイン「200ml」サイズの成分を見ていきましょう。

※1本(200ml)あたり、全4種類すべて同じ成分

  • エネルギー:102kcal
  • タンパク質:15.0g
  • 脂質:0g
  • 炭水化物:10.4g
  • 食塩相当量:0.24g
  • カルシウム:447mg
  • ビタミンB6:0.65mg

https://catalog-p.meiji.co.jp/products/dairies/milk_drink/020113/4902705014534.html

ピース
ピース
200mlの紙パックプロテインで、SAVASのパウダープロテイン同様、タンパク質15gとれるって結構すごいと思います。

ザバス(savas)ミルクプロテインは太る?

プロテインを飲むと太るんじゃないか?という人がいますが、基本的にそんなことはありません。

例えば、牛乳を飲むより低カロリー、低脂質だったりします。

わかりやすいように「明治おいしい牛乳200ml」と成分比較してみましょう。

  ザバス(savas)ミルクプロテイン(200ml) 明治おいしい牛乳(200ml)
エネルギー(カロリー) 102kcal 137kcal
タンパク質 15.0g 6.8g
脂質 0g 7.8g
炭水化物 10.4g 9.9g

https://catalog-p.meiji.co.jp/products/dairies/milk_drink/020101/49721119.html  

ザバス(savas)ミルクプロテイン「200ml」と「430ml」の違い

https://www.meiji.co.jp/dairies/milk_drink/savas-milk/#feature

ザバス(savas)ミルクプロテインには、「200ml」の小型サイズと「430ml」の中型サイズがあります。

同じザバス(savas)ミルクプロテインであっても、成分や味、保存方法など、実はまったくの別物なので、その違いを説明していきます。

結論からいうと、「タンパク質量」と「保存方法」のポイントから、「200ml」サイズが断然おすすめです。

ザバス(savas)ミルクプロテイン「200ml」と「430ml」の違い一覧

それぞれの違いを一覧にして比較してみるとこんな感じになります。

  ザバス(savas)ミルクプロテイン「200ml」 ザバス(savas)ミルクプロテイン「430ml」
主要成分(カロリー) 102kcal 99kcal
主要成分(タンパク質) 15.0g 15.0g
主要成分(脂質) 0g 0g
主要成分(炭水化物) 10.4g 10.0g
ミルク系 フルーティ系
価格(定価) 121円(税別) 150円(税別)
保存方法 常温可 冷蔵
賞味期限 2か月程度 2週間程度
購入店舗 ドラッグストア、通販 コンビニ、スーパー、ドラッグストア、通販

ずいぶんと違いがあるので、一つずつ説明していきます。

糖質や成分の比較

「200ml」サイズ、「430ml」サイズともに、タンパク質は15gなので成分内容は同じでは?と思うかもしれませんが、飲む量がまるで違います。

つまり、タンパク質の含有率でいうと「200ml」のほうが2倍以上多いことになるわけです。

ピース
ピース
はっきりいって、同じタンパク質15gなら、200ml飲んで摂取できるほうが格段に優秀といえます。

とはいえ、400mlくらい余裕で飲めるからといって、「200ml」サイズを一気に2本飲んでしまうと、カロリーも炭水化物も2倍とってしまうことになるので、ダイエット中は注意が必要です。

味のテイスト比較

「200ml」サイズは、ミルク系の味で、低脂肪乳に近い感じです。

対して、「430ml」は、フルーティ系の味が多く、クエン酸が含まれているので、酸味があります。

味は好みにもよりますが、さすが明治だけあって両方ともおいしいなあと思います。

価格の比較

「200ml」サイズは121円(税別)、「430ml」サイズは150円(税別)なので、量の分「430ml」サイズのほうが高いです。

もしかしたら「430ml」サイズのほうがたくさん飲めてお得と考える人もいるかもしれません。

しかし、プロテインはあくまでもタンパク質摂取の目的で飲んでいるはずなので、同じタンパク質15gなら「200ml」サイズのほうが断然お得だと思います。

保存方法の比較

「430ml」サイズは要冷蔵保存に対して、「200ml」サイズは常温保存できるので、オフィスのデスクにしまっておけるというのが大きなメリットになります。

この常温保存できるところが、わたしがザバス(savas)ミルクプロテイン「200ml」を買う最大の理由なのです。

というのも、そもそも自宅ではパウダータイプのプロテインが飲めるので、わたしの場合、紙パックタイプは完全にオフィス用なんです。

ピース
ピース
ザバス(savas)ミルクプロテイン「200ml」なら、オフィスで簡単に保存できて、いつでも飲めるという手軽さが最高です。

賞味期限の比較

さらに「430ml」サイズは2週間の賞味期限に対して、「200ml」サイズは2カ月もの間保管しておけるのです。

ピース
ピース
2019年6月の中ごろに買ったので、賞味期限は2か月ちょっとあることになります。

2カ月もの賞味期限があると、安心して買い溜めができるので、デスクにザバス(savas)ミルクプロテイン「200ml」が常備できるというわけです。

購入店舗の比較

ただし、「430ml」サイズはコンビニなどいろんな店舗で買えますが、「200ml」サイズはドラッグストアや一部のスーパーでしか見たことがありません。

理由は不明ですが、「200ml」サイズは買いにくいのが最大の難点ですね。

そのため、近くにドラッグストアがない場合は、アマゾンなどネットで購入することになると思います。

ピース
ピース
アマゾンでまとめ買いすると安く買えるので、おすすめです。

ザバス(savas)ミルクプロテイン「200ml」おすすめの味と感想レビュー


では、せっかく200mlサイズを全4種類買ったので、あらためて1種類ずつ味をチェックします。

どれもおいしいのですが、わたしの好みでおいしいと思うランキング順に感想をレビューしていきます。

【1位】ザバス(savas)ミルクプロテイン「バナナ風味」の感想


バナナ風味は、もう完全にバナナジュースといった感じで、ぶっちぎりでおいしいです。

正直プロテイン感はまったくないので、プロテイン初心者にもおすすめですね。

わたしはバナナジュース大好きなので、バナナ風味を1位にします。

【2位】ザバス(savas)ミルクプロテイン「ミルク風味」の感想


ミルク風味は、慣れ親しんだ牛乳の味とほとんど変わらないので、とにかく飲みやすいです。

甘さが控えめで、飽きのこない味なので、ゴクゴク飲めると思います。

甘めのプロテインは苦手という人は、ミルク風味が一番おすすめです。

【3位】ザバス(savas)ミルクプロテイン「ココア風味」の感想


ココア風味が、一番プロテインっぽい味がします。

普段からプロテインを飲んでいる人にとっては、お馴染みの安定感あるミロ風味です。

4種類のなかで一番甘さが強いと思うので、甘めが好きな人はココア風味がおすすめです。

created by Rinker
SAVAS(ザバス)
¥2,600
(2019/09/15 22:29:50時点 Amazon調べ-詳細)

【4位】ザバス(savas)ミルクプロテイン「バニラ風味」の感想


ココア風味同様、バニラ風味も結構甘さが強いです。

バニラアイスのような味で、ミルク風味をかなり甘くしたイメージですかね。

まずいわけではありませんが、普段あまり飲まない味だったので、4位にしました。

Amazonで、お得にお買い物

Amazonで「ザバス(savas)ミルクプロテイン200ml」を買うなら、Amazonギフト券にお金をチャージ(入金)してから購入するのがお得です。

チャージするたびに「チャージ金額×最大2.5%分」のAmazonポイントが貯まるので、Amazonユーザーなら活用しない手はありません。

>>Amazonギフト券をお得にチャージする

【ザバス(savas)ミルクプロテイン】効果や糖質、おすすめの味レビューまとめ

要点まとめ
  • ザバス(savas)ミルクプロテインを飲むなら、「430ml」より「200ml」のほうがおすすめ
  • ザバス(savas)ミルクプロテイン「200ml」なら、会社でのデスクに常備できる
  • ザバス(savas)ミルクプロテイン「200ml」は「バナナ風味」が一番おいしい
【ウイダーinバープロテイン】全6種類のカロリーや味を比較レビューこんにちは、ピース(@Peace__Blog)です。 ウイダーinバープロテインって、おいしいですよね! コンビニなどで簡単...
【クエストプロテインチップス】成分は低カロリーだけど美味しいのでレビューこんにちは、ピース(@Peace__Blog)です。 ダイエット中は、糖質制限をしている人がほとんどだと思いますが、やっぱりポテチ...
【ギリシャヨーグルトのタンパク質は筋トレの友】おすすめメーカー比較こんちには、ピース(@Peace__Blog)です。 筋トレをしながら筋肉をつけていくには、毎日「体重kg×2g」のタンパク質が必...
ABOUT ME
ピース
東京のホワイト企業で働くアラサーリーマン。ヒマができたのでブログを書きます。趣味のファッションと筋トレに加え、仕事の話などをメインに書いていきます(^o^)
関連記事はこちら