ザ・ノース・フェイス

【2019年も絶対おすすめ!THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)のアウター3選】シーン別にご紹介

こんにちは、ピース(@Peace__Blog)です。

ピース
ピース
10年以上もファッション業界に従事したわたしが、実際に今年もヘビーローテーションする「THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)の定番アウター3選」をシーン別にご紹介します!
ミー子
ミー子
今年もノースフェイスの人気は留まることを知らないよね!
ピース
ピース
わたしはON/OFF問わず今シーズンもアウターは9割ノースフェイスです。飽き性なファッションフリークでも長く着用できる、買って絶対に損しないアイテムばかりです。

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)とは?

1968年にアメリカのカリフォルニア州サンフランシスコにて、ダグラス・トンプキンスとスージー・トンプキンス夫婦によって設立されたアウトドア用品メーカーが「THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)」です。

ピース
ピース
山岳で特に登山が難しい北側「ノース・フェイス」が社名の由来となっています。ちなみにブランドロゴは、世界三大北壁「アイガー」「マッターホルン」「グランジョラス」を意味しています。

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)のなにがいいの?

一言でいうと「アウトドアブランドとしての機能性」と「ファッションブランドとしてのデザイン性」がうまく融合している点です。

ピース
ピース
これが現在の「タウンユースとしての圧倒的な存在感」に成長したのだと思います。

実は、ノースフェイスは日本に上陸して40年近く経っており、一時は経営危機に陥ったこともあるんです。

当時は販路をスポーツショップに固めていましたが、よりファッション性の高いウエアにリブランディングし、セレクトショップなどにも販路を拡大したことで、単なるアウトドアやスポーツブランドではない「機能性をもったタウンユースでも使えるお洒落ウエア」という独自の地位を築いたのです。

ミー子
ミー子
苦しい時代もあったんだねー。
ピース
ピース
シュプリームや、コムデギャルソン、ハイクなど人気ブランドとのコラボによるヒット商品の連発も、ブランド価値向上の追い風になりました。
ミー子
ミー子
発売日の行列すごかったもんね。

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)おすすめアウター シーン別3選

さあ、さっそく本題です!3つに絞るの大変でしたが紹介していきます!
すべて自分で持っており、着用しているアウターを紹介します。

バルトロライトジャケット(Baltro Light Jacket ND91845)

ピース
ピース
わたしは愛用して3シーズン目に突入した冬の定番品です。ボトムのカラーを選ばないブラックカラーをもっています。

年々人気が高まっていましたが、今年は人気が出すぎて予約すらNGだった超人気アウターです。

公式オンランでも発売直後に即完売し、今年はプレミアがついています。

ミー子
ミー子
ノースフェイスって、限定品でもコラボ品でもないのに、プレミアつくからすごいよね。

おすすめ着用シーン

冬の週末、オフの日です。
デートや買い物、公園などへのちょっとした外出にもサッと羽織るだけで、お洒落で軽くて本当にあったかいです。
コンパクトに収納もできるので、冬の旅行にもおすすめですね。

ピース
ピース
わたしは冬の週末は基本コレです。めちゃめちゃ楽です。

機能

最大の魅力は、オーロラ観測等で使用可能な代物なので、日本の冬には勿体ないオーバースペックな温かさです。
このおアーバースペックな点が大人心をくすぐります。

真冬でもインナーはTシャツ1枚で本当にあったかいです。

その理由は、ゴアテックスのゴア社が開発した30デニールWINDSTOPPERの2層構造を表生地に使用していることで、防風性、耐水性を確保しながら、中綿の光電子ダウンが体温や太陽光などの熱を蓄積し、その熱を維持する機能があるため、効率的なハイスペックアウターが誕生しているのです。

ピース
ピース
信じられないほどにあったかいです!
ミー子
ミー子
わたしもほしい!

デザイン

シンプルで無駄のない配色、デザインと、なんといっても特徴的なボリューム感がカッコイイです。
昨今流行のオーバートップスシルエットなので、ボトムをテーパードシルエットかスキニーシルエットでコンパクトに仕上げるだけで一気にトレンドのお洒落感がでます。

また、襟元のボリューム感あるデザインもお洒落で、前を開けても閉じてもどちらでもカッコよく着れます。

ピース
ピース
3シーズン着ててもダサくないって、すごいですよね。

重量

950gです。WINDSTOPPERは他の生地よりも軽いので、これだけダウンがパンパンにはいっていても1kgを切ります。
着ていて本当にストレスが少ないです。

価格

去年と比べ若干値上がりしましたが、デサントのオルテラインや、カナダグースなどこのレベルのアウターは10万円クラスも多い中、非常に優秀といえます。
一度着たら、この価格が高くないことに気づきます。

サイズ感(参考)

サイズ選びに悩まれる方も多いかと思いますので参考ですが、1サイズオーバーサイズで着てもかっこいいです。
わたしは身長172cm、体重63kgですが、Mサイズを着ています。

実はシーズンごとに、XSサイズ → Sサイズ → Mサイズと2回買いなおして、現在はMサイズに落ち着いています。

created by Rinker
THE NORTH FACE(ザノースフェイス)
¥58,320
(2019/05/22 22:03:50時点 Amazon調べ-詳細)

スクープジャケット(Scoop Jacket NP61630)

こんなに万能なアウターはそうないですよ!

ピース
ピース
わたしはジムに行くときはいつもスクープジャケットです。ベージュと迷彩カラーの2着をもっています。

おすすめ着用シーン

秋口と春先のタウンユースと、ダウンを着るまではいかない冬でも晴れた少し暖かい日は、インナーをはさめば十分イケます!
そしてアウトドア、スポーツ、レジャーのときは絶対おすすめです。
ハイキング、登山をする人は間違いなくコレです。

ミー子
ミー子
今度登山行くから、これ貸せや!

機能

表地は、防水透湿性に優れたハイベント素材の2層構造なので、雨に強いです。
フロントはダブルフラップ仕様で雨はもちろん、雪の浸入も防ぎます。
下からの冷気を遮断してくれるスノーカフがついているで、見た目以上に温かいのが特徴です。

ピース
ピース
インナーにスウェットやパーカーをはさめば真冬もいけますよ。暑すぎるときは、ベンチレーションもついているで運動時の体温調整も楽にできます。

デザイン

こちらもシンプルで無駄のない配色、デザインです。
カラーバリエーションも多いので、よく履くパンツの色からイメージしてカラーを決めてください。
わたしは黒いパンツが多いので、迷彩カラーでも全然あわせやすかったです。

ピース
ピース
ベージュのカラーだと、雨の日の通勤にも結構重宝しました。

価格

こちらも他のアウトドアブランドのジャケットと比べると、少々高いかもしれませんが、着回しのよさと長く着られる点を加味すれば、1着はもっておいて損のない価格ですね。

サイズ感(参考)

わたしは、バルトロライトジャケット同様、ややオーバーサイズで着たいので、Mサイズを着ています。
パンツをタイト目にすることで、ばっちりはまります。

【ノースフェイス】スクープジャケット評価とレビュー!コーデも紹介こんにちは、ピース(@Peace__Blog)です。 本当に人気が衰えることを知らない「ノースフェイス」、相変わらずグイグイきてま...

パープルレーベル×ビームス ステンカラーコート(PURPLE LABEL × BEAMS soutien collar coat 11-19-0553-594)

ノースフェイスのカジュアルレーベル「パープルレーベル」にセレクトショップ「ビームス」が別注したステンカラーコートです。

ピース
ピース
わたしは、ブラックとベージュを持っています。通勤時のパンツの色にあわせて色変えしています。

おすすめ着用シーン

もちろん通勤やビジネススタイルです。
アウトドアブランドですが、ビームスのデザイン性がプラスされ、スーツの上に着てもサマになります。

ピース
ピース
出張に行く場合もおすすめですよ。シワになりにくく、汚れもつきにくいので、イージーケアで本当に重宝します。

機能

表生地はノースフェイスお馴染みのベイヘッドクロスを使用しています。
ベイヘッドクロスはポリエステル65%、コットン35%の混合生地で、撥水に優れ、雨の日に強い生地です。

ライナーはダウンを超える人口羽毛とわれるプリマロフトを使用しているので、あたたかいです。
また、プリマロフトはダウンと異なり、水に濡れても劣化しない化学繊維なので、雨の日でもガシガシ着ることができます。

ピース
ピース
ステンカラーコートなのにこのタフさ、機能性の充実。そこらへんのヤワなステンカラーコートとはあきらかに一線を画します。
ミー子
ミー子
さすがアウトドアブランド!

デザイン

見た目はスーツにあわせてもまったく違和感のないステンカラーコートですが、実はノースフェイスというのがお洒落心をくすぐり、最高です。
ベイヘッドクロスは若干の光沢感があるので、ほどよくスポーティな香りもして、昨今のカジュアルダウントレンドと絶妙にマッチします。

価格

こちらも比較的高額ですが、機能的でタフなので、冬の通勤アウターはこれ一択にして、着倒せば問題ありません。
長く着て元をとりましょう。

サイズ感(参考)

わたしは通勤で着用していることもあり、Sサイズをジャストサイズで着ています。
スーツの上から着てもSサイズでまったく違和感ありません。

【ノースフェイス】パープルレーベル×ビームス別注ステンカラーコートをレビューピース(@Peace__Blog)です。 2013年春の発売以来、年々人気が高まる「ノースフェイスパープルレーベル×ビームス別注ス...
Amazonで、お得にお買い物

Amazonで「ノースフェイスのアウター」を買うなら、Amazonギフト券にお金をチャージ(入金)してから購入するのがお得です。

チャージするたびに「チャージ金額×最大2.5%分」のAmazonポイントが貯まるので、Amazonユーザーなら活用しない手はありません。

>>Amazonギフト券をお得にチャージする

まとめ

要点まとめ
  • 2019年のアウターもノースフェイス一択で間違いない
  • ノースフェイスはカジュアル、スポーツ、ビジネスで使える
  • アウターは高値だが、機能的で定番デザインなので長く着られる
【ノースフェイス】デナリフーディのサイズ感、着こなしをレビュー(NA71832)ピース(@Peace__Blog)です。 THE NORTH FACE(ノースフェイス)の「デナリフーディ Denali Hood...
【2018-2019AW最高アウター】ノースフェイス「マウンテンダウンジャケット(ND91837)」レビューこんにちは、ピース(@Peace__Blog)です。 欲しい欲しいと思っていた2018-2019AW「THE NORTH FACE...
【ノースフェイスホワイトレーベル】とは?韓国限定?お店と通販は?こんにちは、ピース(@Peace__Blog)です。 相変わらず不動の人気のノースフェイスですが、「ノースフェイスホワイトレーベル...
ABOUT ME
ピース
東京の超ホワイト企業で働くアラサーリーマン。ブラック企業から脱出し、ヒマができたのでブログを書きます。趣味のファッションと筋トレに加え、仕事の話などをメインに書いていきます(^o^)
関連記事はこちら