ザ・ノース・フェイス

【ノースフェイス】デナリフーディのサイズ感、着こなしをレビュー(NA71832)

ピース(@Peace__Blog)です。

THE NORTH FACE(ノースフェイス)の「デナリフーディ Denali Hoodie(NA71832)」、「デナリジャケット Denali Jacket(NA71831)」どちらを買うか迷いすぎたので、独身パワーで2枚とも購入しました。

ノースフェイスのフリースの中でも、デナリシリーズは去年に引き続き大人気で、店頭もオンラインも品薄だったこともあり、あせって両方買ったのです。

ミー子
ミー子
ちょっとさすがに買いすぎじゃない?
ピース
ピース
手持ちアウター9割がノースフェイスっていうのは、伊達じゃないですよ!

デナリシリーズのうち、フードつきのパーカーデザイン「デナリフーディ」、フードなしのブルゾンデザイン「デナリジャケット」が、それぞれどう違い、どういうところがおすすめなのか、レビュー記事を書こうと思います。

今回の記事は、「デナリフーディ Denali Hoodie(NA71832)」について、サイズ感、着こなしなどをレビューしていきたいと思います。

こんな人におすすめ
  • 「デナリフーディ」と「デナリジャケット」どちらがおすすめ?
  • 「デナリフーディ」の着こなし例が見たい
  • 「デナリフーディ」のサイズ感が知りたい

ノースフェイス「デナリシリーズ」の特徴


まずは「デナリフーディ」、「デナリジャケット」に共通するデナリシリーズの特徴を説明していきます。

ノースフェイスの「デナリシリーズ」は、1989年に登山や探検などを目的として開発されたジャケットのヘリテージモデルです。

ヘリテージモデルとは、「遺産」「継承」を意味します。過去の優れたデザインを復活し、未来に継承していく商品の位置づけです。

肩の切り替えデザインや、高い保温力を持つマイクロフリース素材を使用するなど、仕様は当時のままに、サイズ感を現代向けにモディファイしています。

ピース
ピース
デナリの由来は、北アメリカ最高峰の山「デナリ」からきています。

ポーラテック300


「ポーラテック300」という「世界で最も暖かいマイクロフリース素材」をボディに使用しています。

生地が分厚く、表も裏も起毛している素材のためかなり暖かいです。

ピース
ピース
パタゴニアも採用する「ポーラテック300」は、フリース界の最高スペックです!

ポーラテックとは、アメリカのモルデンミルズ(生地メーカー)が商標をもつフリース生地です。「ポーラテック」の「ポーラ」は「北極(north pole)」の「pole(極)」の意味で、世界一暖かいフリース生地とされています。
過酷な気象条件の中でも快適に過ごせるよう開発された生地で、米軍特殊部隊の極寒地装備品にも採用されています。
なお、ポーラテックは生地の厚さから、「ポーラテック100」「ポーラテック200」「ポーラテック300」と分けられており、「ポーラテック300」が最も厚手で、暖かい素材です。

アジャスタードローコード


裾のドローコードを絞ることで気密性を高め、風の侵入を防止します。

袖口もすぼまっているので風の侵入を防ぎ、保温効果を高めます。

頑丈で堅牢なボディ


デナリジャケットは、バッグに干渉する(よく擦れる肩、肘、脇下)部分にナイロンを用い保護することで、ボディを頑丈なつくりしています。

このお陰で摩擦による毛玉の発生も軽減してくれます。

ピース
ピース
リュックを背負っていると、肩や肘に毛玉ができやすいのですが、これなら安心です。
ミー子
ミー子
毛玉はフリースの大敵だもんね。
【ブリーフィング】ビームス別注3wayバッグのレビューとコーデ例こんにちは、ピース(@Peace__Blog)です。 もうかれこれ3年くらい「ブリーフィング ビームス別注3wayバッグ」をビジネ...

静電ケア

ポリエステル100%という素材ながら、静電気の発生を抑える静電ケア設計に対応しています。

静電気のために合成繊維を避けて、天然繊維を大量に重ね着する必要はもうありません。

ピース
ピース
着むくれとおさらばです!

メンテナンスが楽


液温40℃を限度とし、自宅の洗濯機で弱洗いができます。
ネットに入れればさらに安心ですね。

ミー子
ミー子
寒い時期でも満員電車の中は暑かったりするけど、全力で汗かけるじゃん。

デザイン


クラシカルなデザインでありながら、登山などのアウトドアだけでなく街着にハマるデザインです。

ヘリテージモデルには左腕のロゴワッペンも追加されていて、ストリート感がプラスされた都会的な雰囲気に仕上がっています。

ピース
ピース
ノースフェイスは、こういうデザイン本当に上手です!
ミー子
ミー子
アウトドアする人もしない人も、メンズは完全にノースフェイスの餌食だよね。

デナリシリーズは、普通のフリースより暖かいだけでなく、メンテナンスフリーの「超機能的アウター」です。
さらに、デザインを現代的にアレンジしていて街着にしやすいので、お洒落心をくすぐります。

ノースフェイス「デナリフーディ(NA71832)」レビュー

ノースフェイス「デナリジャケット」との違い

まずは、フードなしの「デナリジャケット」との違いについて説明していきます。

  • 「防寒アウター」
  • ポーラテック300だけでもかなり暖かいのですが、デナリフーディには、フードと肩部分にプリマロフト(人工ダウン)が入っています。
    プリマロフトによって首回りや肩回りの保温効果が高く、体感が全然違います!
    デナリジャケットにはプリマロフトが内蔵されておらず「ミドルアウター」の位置づけとなるため、防寒性はデナリフーディに軍配が上がります。

  • 「雨や雪に強い」
  • フードと肩部分に入っているプリマロフトは、羽毛にはない撥水性があるため、雨や雪でもへたらず高い防寒性をキープします。
    プリマロフトはアメリカ軍の要請で開発されたマイクロファイバー素材で、羽毛のように軽くて暖かい保温性をもつ高機能素材なんです。

  • 「ストリート感が強い」
  • デナリフーディはパーカーデザインのため、ストリートテイストが強いです。
    普段カジュアルなスポーツミックスのコーデが多い人は、デナリフーディのほうがスタイリングしやすいと思います。

ピース
ピース
デナリフーディがあれば冬でもパーカー感覚で、サッと1枚羽織って外出できます。

ただし、ポーラテック300でもフリースは風を通すため、風が強いときはインナーダウンなどを中にインするのがおすすめです。

デナリフーディは、デナリジャケットよりも防寒性が高く水にも強いので、冬のメインアウターとして活躍します。
とはいえ、フリースはどうしても風を通してしまうため、風の強い日はインナーダウンを中に入れるのをおすすめします。

フードなしタイプの「デナリジャケット」の特徴や、おすすめポイントを書いたレビュー記事はこちらです。

【ノースフェイス】デナリジャケットの評価とサイズ感をレビュー(NA71831)こんにちは、ピース(@Peace__Blog)です。 気になっていたノースフェイス(THE NORTH FACE)の「デナリジャケ...
created by Rinker
¥19,440
(2019/06/16 14:31:09時点 楽天市場調べ-詳細)

ノースフェイス「デナリフーディ」の定価

「23,760円(税込)」です。

デナリジャケットより4,000円程度若干高いですが、フードと肩部分に封入されたプリマロフト分だと思うと納得です。

ノースフェイス「デナリフーディ」のカラー展開

「(K)ブラック」「(Z)ミックスグレー」「(KL)ブラック×レオパードイエロー」3色展開で、定番カラー2色+見せカラー1色の構成です。

デナリジャケットが5色展開なので、少なく感じますね。

ピース
ピース
わたしは、「(Z)ミックスグレー」を購入しました。アウター使いするので、ベーシックカラーで肩の切り替えデザインもしっかりと楽しめるカラーを選びました。

(K)ブラック

(Z)ミックスグレー

(KL)ブラック×レオパードイエロー

参考)デナリフーディ(メンズ)

ノースフェイス「デナリフーディ」のサイズ展開

「S」「M」「L」「XL」の4サイズ展開です。

デナリジャケットは、XXLサイズまであるので、カラー展開や、サイズ展開の量から考えると、デナリフーディのほうがマイノリティデザインですね。

実寸サイズは下に掲載します。

参考)デナリフーディ(メンズ)

ノースフェイス「デナリフーディ」のサイズ感(着用感)

わたしは、オーバーサイズで着たかったので「Lサイズ」を購入しました。

身長172cm、体重65kgですが、「Lサイズ」でこんな感じのサイズ感です。

日本規格のLサイズで、サイズをモディファイしているので野暮ったさは一切ありません。

ただ、個人的にはストリート感たっぷりにアウター使いしたかったので「XLサイズ」でもよかったかもなあと思っています。

デナリフーディは、デナリジャケットのように上から重ね着することはないと思うので、もしサイズに迷うときは、検討サイズのうち大きいほうを選んでみても良いかもしれません。

ノースフェイス「デナリフーディ」の重さ

「755g(Lサイズ計測)」です。

デナリジャケットに比べると130g程度重くなります。

これはフードと肩部分に内蔵されたプリマロフトの分ですが、755gであれば重く感じることはまずないと思います。

ノースフェイス「デナリフーディ」のコーデ


ノースフェイス「デナリフーディ」を使ったわたしのコーデを紹介していきます。

デナリフーディは、デナリジャケットのように上から重ね着することはなく、完全にアウター使いとなるためデナリフーディがコーデの主役です。

デナリフーディと「インディゴデニム」のコーデ

定番のインディゴテーパードデニムなので、デナリフーディと合わせても絶対にハズさない安定感がありますね。

【ZOZO(ゾゾ)デニムオーダー】スリムテーパードデニムパンツのメリデメをレビューこんにちは、ピース(@Peace__Blog)です。 10年以上もファッション業界に従事し、いろんなデニムパンツを履いてきましたが...

デナリフーディと「ジョガーパンツ」のコーデ

パーカーデザインのデナリフーディとジョガーパンツのコーデは、走れちゃうくらい軽快なので、ジムに行くときはこういうスタイリングが多いです。

【エンダースキーマ】キャタピラーサンダルの履き心地やコーデをレビューこんにちは、ピース(@Peace__Blog)です。 2016年の発売以降、エンダースキーマの定番モデルとなった「キャタピラー(c...

デナリフーディと「ライトブルーデニム」のコーデ

ライトブルーデニムと合わせると一気にリラックス感が増すので、休日はこんな感じでフラッと公園に行ったりします。

【ZOZOスリムテーパードデニム黒GET】カラー毎の違いとコーディネートピース(@Peace__Blog)です。 ZOZOの「スリムテーパードデニムパンツ」があまりに最高なので、ついに3本目を買ってしま...

デナリフーディと「インナーダウン」のコーデ

デナリフーディでも風対策は必要ですが、インナーダウンをインすると驚くほど保温効果が高まるのでおすすめです。

【TAION】インナーダウンベストをレビュー!おすすめの特徴10個まとめピース(@Peace__Blog)です。 「TAION」とは? 名古屋でアパレルメーカーのオ...
【中古】THE NORTH FACE◆フリースジャケット/S/ウール/GRY/無地/NA71832/デナリフーディ/中古【メンズウェア】

Amazonで、お得にお買い物

Amazonで「ノースフェイスのデナリフーディ」を買うなら、Amazonギフト券にお金をチャージ(入金)してから購入するのがお得です。

チャージするたびに「チャージ金額×最大2.5%分」のAmazonポイントが貯まるので、Amazonユーザーなら活用しない手はありません。

>>Amazonギフト券をお得にチャージする

ノースフェイス「デナリフーディ(NA71832)」のレビューまとめ

要点まとめ
  • デナリフーディは、「ポーラテック300」+「フードと肩のプリマロフト」で防寒性が高い
  • 冬のアウター使いがメインなら「デナリジャケット」よりも、「デナリフーディ」がおすすめ
  • サイズで迷ったらワンサイズ大きめを選んでOK
【2019年も絶対おすすめ!THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)のアウター3選】シーン別にご紹介こんにちは、ピース(@Peace__Blog)です。 THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)...
ABOUT ME
ピース
東京の超ホワイト企業で働くアラサーリーマン。ブラック企業から脱出し、ヒマができたのでブログを書きます。趣味のファッションと筋トレに加え、仕事の話などをメインに書いていきます(^o^)
関連記事はこちら