グッズ

【リモワ】サルサ(エッセンシャル)のサイズ感(58L~63L)や修理対応レビュー

こんにちは、ピース(@Peace__Blog)です。

ドイツの老舗スーツケースメーカーのリモワですが、2016年のLVMH入り以来、ファッションシーンでも話題を席捲しています。

「FEND」「Louis Vuitton」「Supreme」「Off-White」など次々とコラボを成功させ、「おしゃれスーツケース」の地位を盤石にしました。

わたしも4年以上リモワのスーツケースを使っていますが、飽きることなく毎年の海外旅行で活躍しています。

ピース
ピース
なんといっても普遍的におしゃれです。

わたしのリモワのスーツケース

  • モデル名:サルサ(現エッセンシャル)
  • 材質:ポリカーボネート製
  • サイズ:61L(縦63x横42×マチ24cm)
  • カラー:マットブラック
  • 特徴:「おしゃれ」「軽い」「移動が楽」
  • 修理歴:2015年にボディの一部を修理

今回は、わたしのリモワ「サルサ(61L)」のサイズ感(どれくらいの荷物が入るのか)や、使い勝手、過去の修理対応などをレビューしていこうと思います。

こんな人におすすめ
  • リモワの60L前後(58~63L)サイズにはどれくらい荷物が入る?
  • リモワサルサの使い勝手が知りたい
  • リモワのスーツケースの修理対応って、ぶっちゃけどうなの?

リモワのモデルチェンジ


リモワは2018年8月にモデルチェンジし、スーツケースのシリーズ名が変わっているのでまず簡単に説明します。

ピース
ピース
例えば、わたしが使っている「サルサ」は、「エッセンシャル」と名称変更しています。

ポリカーボネート製(プラスチック)のモデル

  • 旧)サルサ → 現)エッセンシャル
  • ポリカーボネート製のベーシックモデル

  • 旧)サルサエアー → 現)エッセンシャルライト
  • エッセンシャルの軽量モデルで、T字ハンドル

  • 旧)リンボ → 現)ハイブリッド
  • ポリカーボネートボディ+4角をアルミニウム合金で補強したモデル

ジェラルミン製(アルミニウム合金)のモデル

  • 旧)トパーズ → 現)オリジナル
  • 定番のアルミ製スーツケース

  • 旧)クラシックフライト → 現)クラシック
  • 無骨なデザインの元祖クラシックモデル

【リモワ】スーツケースのサイズ選び(機内持ち込みサイズ)と種類まとめこんにちは、ピース(@Peace__Blog)です。 ゴールデンウィーク、夏休み、冬休みと、長期休暇は旅行で日頃の疲れを労いたいで...

リモワのサルサ(現エッセンシャル)とは


サルサとは、リモワが2000年に世界ではじめて販売したポリカーボネート製のスーツケースです。

当時、リモワのスーツケースといえばジェラルミン製でしたが、画期的なポリカーボネート製スーツケースの登場で、人気を二分することなります。

ポリカーボネート製スーツケースがファンの心を掴んだ理由は、ジェラルミン製くらい丈夫なのに、驚くほど軽くて、コスパもよく、見た目がポップだったからでしょう。

ポリカーボネート製素材の特徴

  • 丈夫(素材の柔らかさが衝撃を吸収する)
  • 軽い(ジェラルミン製の3/4くらい)
  • 安い(ジェラルミン製の半額くらい)
ピース
ピース
旅がめちゃくちゃ快適になります。

リモワの「サルサ(現エッセンシャル)61L」をレビュー


では、わたしの持っている「サルサ(現エッセンシャル)61L」をレビューしていきます。

使い勝手の良さと、長く使えるタフさ、それになんといってもシブいマットなカラーがカッコよくて愛着が増すばかりです。

※現行の仕様と細部が若干異なる可能性がありますがご了承ください

「58L~63L」は、3~5泊にちょうどよいサイズ感

わたしは、夏休みになると3~5泊くらいでアジアンリゾートに旅行することが多いのですが、「61L」は荷物がちょうどよく収納できるサイズ感なんです。

3~5泊分の着替えや、帰りのお土産まで計算すると「58L~63L」くらい、つまり60L前後のサイズでちょうどです!

例えば、4泊で夏のアジアンリゾートに旅行する場合、わたしの荷物はこんな感じになります。

※手荷物以外でスーツケースに入れるもの

  • Tシャツ:2枚
  • タンクトップ:2枚
  • ショートパンツ:1枚
  • スイムパンツ:1枚
  • フルレングスパンツ:1枚(レストランのドレスコード対策)
  • 薄手の羽織り:1枚(雨などで寒いとき対策)
  • 下着:4枚
  • サングラス:1個
  • サンダル:1足
  • スニーカー:1足(ホテルのフィットネスジム用)
  • タオル:1枚
  • 除菌シート:1個
  • 本:2冊
  • カップ麺:3個(食事が口にあわないときの非常食)
  • その他:サンオイル、ボディローション、ヘアジェルなど

これをスーツケースにざっと詰めていきます。

そうすると、だいたい3/4くらいが埋まります。

残りの1/4は帰りのお土産用にバッファをとっておくので、ちょうどよいサイズ感というわけです。

念のためですが、61Lは機内持ち込みはできません。

機内持ち込みできるサイズは以下の条件を満たす場合となります。

  1. 座席が100席以上の航空機の場合(ANAやLCCなど一般的な航空会社)なら、3辺合計115cm以内かつ、縦55cm、横40cm、マチ25cmまで持ち込み可能
  2. 座席が100席以下の航空機の場合(プロペラ機など)なら、3辺合計100cm以内かつ、縦45cm、横35cm、マチ20cmまで持ち込み可能
  3. 上記いずれかのサイズ条件に加えて、スーツケース本体を含め10kg以内の重量であること

わたしの場合、そもそも機内に持ち込みできるスーツケースは不要で、1~2泊くらいの旅行や出張なら「ブリーフィングの3wayバッグ」でこなしちゃいます。

【ブリーフィング】ビームス別注3wayバッグのレビューとコーデ例こんにちは、ピース(@Peace__Blog)です。 もうかれこれ3年くらい「ブリーフィング ビームス別注3wayバッグ」をビジネ...

経年変化が少ないマットカラー

現行のエッセンシャルではマットカラーと、光沢のあるカラーを選択できますが、個人的にはマットカラーがおすすめです。

スーツケースはどうしても少しずつダメージを受けていきますが、ポリカーボネート素材のマットカラーなら比較的ダメージが目立ちにくいと思います。

ダメージを受けても傷がつくというより、くすんだような感じになるので、光沢カラーやジェラルミン素材のようにガッツリ傷がついたという感じにはなりません。

ピース
ピース
神経質にならずに扱えるというのはかなり気が楽です。

軽量&耐久性に優れている

ポリカーボネート素材はいわゆるプラスチックですが、とにかく軽量でとりまわししやすいうえ、耐久性も高いです。

61Lで、「3,9k」という軽さの秘訣は、ポリカーボネート素材の軽さに加えて、接合部分が金属パーツではなくジップ式というところにあります。

ピース
ピース
最初に持ったとき、「軽っ!」ってなったのを覚えています。

また、プラスチックなのに耐久性??と、思う人もいるかもしれませんが、ポリカーボネート素材は防弾チョッキにも使われる素材です。

ポリカーボネートは、しなやかで柔軟な素材のため、外部からのショックを吸収することで、ジェラルミン製とは違った強度をもつわけです。

さらに「-100 ~ +125度」の温度変化にも耐えられるタフさは驚きますね。

そのため、ジェラルミン製のスーツケースに比べて圧倒的に使いやすく、旅行中に疲れにくいと感じます!

マルチホイールがノンストレス

軽さと同じくらい衝撃的だったのが、ホイールの可動性です。

360度くるくる回る4輪マルチホイールがサクサクと動くので、移動がスムーズすぎて笑っちゃいます。

ピース
ピース
滑るようにスイスイ動くので移動にストレスがありません。

驚くほど静音

マルチホイールがそもそも静音だということもありますが、ガタガタした道でもうるさくないんです。

おそらくポリカーボネート素材のボディが振動を吸収しているからだと思いますが、ジェラルミン素材だとこうはならない気がします。

ハンドルの安定性と高さ調節

テレスコープハンドルといわれる2本軸のハンドルは安定感があって、方向転換などの操作性に優れます。

エッセンシャルライト(旧サルサエアー)は、T字ハンドルという1本軸のハンドルですが、操作性がよくないと聞くので、2本軸のテレスコープハンドルだと安心です。

また、ハンドルの高さが7段階に調節できるので、どんな身長の人でも持ちやすいと思います。

身長172cmのわたしはだいたい下から2段目くらいの高さでちょうど良い感じです。

もちろんもっと身長が高くてもOKですし、身長が低い友人(女性)に貸したこともありましたが、身長が低くても問題ありません。

縦持ち&横持ちサブハンドルが便利

メインのテレスコープハンドル以外にも、縦持ちと横持ちできるサブハンドルがあるのでけっこう重宝します。

たとえば、縦持ちは道にちょっとした段差があるときや、エスカレーターにのせるときにヒョイッと上に持ち上げやすいです。

横持ちは、タクシーのトランクに乗せるなど、勢いよく持ち上げるときなんかに使えるんです。  

もちろんそのまま地面に横置きできるように小さい足もついています。

シリアルナンバーの特別感

リモワはスーツケースにそれぞれ個別のシリアルナンバーがふられています。

サルサは背面の下のほうに刻印されているのですが、こういうオンリーワン感もたまりません。

安心の「TSAロック」付き

アメリカ旅行で重宝する「TSAロック」はもちろん装備されています。

わたしもハワイ、グアムなどのリゾート大好きなので、TSAロックは必須です。

「TSAロック」とは、アメリカ運輸保安局(TSA)認可のロックです。
アメリカでは、入国の際に荷物の中身を調べられるので、荷物は鍵をかけずに預ける必要があります。
ただし、TSAロックだけは、TSA職員が特殊キーで開錠+施錠できるので、鍵をかけて荷物を預けることができて安心なのです。
もし、TSAロック以外で施錠していた場合は、鍵を壊して荷物チェックされてしまうので恐怖です。

ステッカーで差別化


リモワの難点として、同じものをたくさんの人が持っているので、預けたスーツケースを空港でキャッチアップするのに苦労します。

そこでおすすめなのは、お気に入りのステッカーを貼っておいて目印にする方法です。

ピース
ピース
自分のお気に入りのステッカーを探すのがまた楽しいわけです。

わたしはシュプリームのステッカーを貼っていますが、パタゴニアのステッカーも貼ろうか迷っています。

created by Rinker
Supreme(シュプリーム)
¥650
(2019/08/25 08:19:18時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
patagonia(パタゴニア)
¥570
(2019/08/25 08:19:19時点 Amazon調べ-詳細)

リモワの修理内容


リモワには、購入時に5年間の長期保証がついてきますが、注意が必要です。

わたしの過去の修理エピソードにもとづいて説明していきます。

5年保障の範囲

この5年保障は、普通に使っていて自然に壊れた場合以外は、無償修理になりません。

例えば、航空機での輸送時に壊れた場合は、自分に責任がなくても有償修理なのです。

お住まいの国固有の保証、あるいはご登録された保証のいずれも、摩擦、不適切な使用、誤操作あるいは外部からの力(特に飛行または輸送による変形、亀裂、本体の破損、擦りキズ、磨耗などの損傷)、あるいは液体によって生じた使用上の支障は対象としません

参考)よくあるご質問(FAQ)

わたしの場合は、2015年のセブ旅行の際に、現地空港でスーツケースをピックアップしたときボディ上部がバキバキに割れてしまっていることに気づきました。

ピース
ピース
これは現在(修理後)の写真ですが、当時は中身がとび出るレベルの大きな亀裂が入っていてショックでしたね。

空港の荷下ろしで雑に扱われたものと推測しますが、これは完全に無償修理の対象外です。

表参道店での修理対応と費用

帰国後、リモワ表参道店に電話し、破損状況を説明したうえで店頭に持ち込みましたが、案の定無償修理ではなく、海外旅行保険を適用する運びとなりました。

海外旅行保険に入っていたから実費ゼロ円となったものの、保険会社に送った見積もりは確か15,000円を超えていたと記憶しています。

ちなみに、店頭での対応自体は男性スタッフがかなり丁寧に対応してくれて、1カ月くらいでスーツケースも返送されてきたので満足でした。

修理の内容

表面はさきほどの通り、亀裂部分をガッチリ埋めて固められています。

裏面は、カバーの内側にリモワの布シートで補強する処理でした。

キレイサッパリ直りました!という状態ではありませんが、使用には困らないレベルになったので一安心です。

修理後も毎年使っていますが、同じところが壊れてきたということもありません。

いずれにせよ、海外に行く場合は、念のため海外旅行保険に入っていたほうがよさそうですね。

Amazonで、お得にお買い物

Amazonで「リモワのエッセンシャル(旧サルサ)」を買うなら、Amazonギフト券にお金をチャージ(入金)してから購入するのがお得です。

チャージするたびに「チャージ金額×最大2.5%分」のAmazonポイントが貯まるので、Amazonユーザーなら活用しない手はありません。

>>Amazonギフト券をお得にチャージする

「リモワ」サルサ(エッセンシャル)のサイズ感(58L~63L)や修理対応レビューまとめ

要点まとめ
  • 3~5泊くらいの旅行用の場合、60L前後(58L~63L)サイズがおすすめ
  • ポリカーボネート素材なら、軽くて、タフなので、旅行が快適になる
  • リモワの5年保証はあてにせず、飛行機に乗るときは旅行保険に入っておいたほうが安心
【出張の服装(男性編)】夏におすすめの快適バッグ、スーツ、シャツなどこんにちは、ピース(@Peace__Blog)です。 出張って、たくさんの荷物や、長時間の移動など、ストレスが溜まることも多いです...
【ブリーフィングのポーチ】ワンジップポーチMWがメンズにおすすめこんにちは、ピース(@Peace__Blog)です。 ポーチってメンズにおすすめのブランドが少ないのですが、「ブリーフィング」のポ...
ABOUT ME
ピース
東京のホワイト企業で働くアラサーリーマン。ヒマができたのでブログを書きます。趣味のファッションと筋トレに加え、仕事の話などをメインに書いていきます(^o^)
関連記事はこちら